2013年11月13日水曜日

山谷真氏との東京地方裁判所での裁判に関して

クリスチャン新聞の根田祥一氏が救世軍の山谷真氏や国内外の人物・メディアを利用して、競合するクリスチャントゥデイに対する異端・カルト捏造、名誉毀損、営業妨害をし裁判に関して説明します。
(資料: 根田氏と山谷氏の連携を示す時系列表

2002年にクリスチャントゥデイは日本の宣教を支えるキリスト教インターネット新聞として報道活動を開始し2004年には紙媒体の新聞も発行を開始しました。しかし、クリスチャントゥデイ紙媒体の発行から2ヶ月後の2004年6月、根田氏は韓国の従北(北朝鮮に追従)・反キリスト教の新聞(News N Joy)が捏造した虚偽の情報をJEAに渡し、JEA加盟教団にそれを拡散させ、クリスチャントゥデイの報道活動を妨害し始めました。根田氏は「韓国のクリスチャントゥデイの常任理事、張在亨が統一協会の核心メンバーであることが判明。」「張在亨牧師は現在、合同福音教団の総会長ですが、韓国基督教総連合会から異端として調査中である(クリスチャン新聞提供)」と、統一協会現職幹部がキリスト教の新聞を運営しているかのような情報を拡散させJEA加盟教団を扇動しました。
(資料:JEAが加盟教団に送ったFAX

しかし、根田氏の情報は虚偽であることがと判明し、統一協会とは一切関係がないことが明らかになりました。また、根田氏の情報は、韓国の左派と異端勢力が広めた虚偽の情報を根拠としたことが明らかになりました。韓国基督教総連合会(CCK)の調査は終結し、張在亨牧師が統一協会のメンバーではなく一貫して正統なキリスト教牧師であると2004年と2005年に結論がでました。
(資料: CCKの公文2004年CCKの公文2005年

公文にある「1997年以降」という表現についてですが、張在亨牧師は務めていたメソジストのキリスト教大学が1993年12月に鮮文大学に変わった後すぐ休職しました。大学の名称は変わりましたが、1997年までの4年間はすでに在学していたクリスチャン学生の世話をしていた期間としてCCKから認められています。

クリスチャン新聞の根田氏と山谷氏が証拠だと主張する韓国の情報源は、統合教団の崔三更牧師と、合神教団のパクヒョンテク牧師が作ったものです。崔三更牧師は自分の所属する教団から、三神論と月経たいよう論の異端であるとがあり、CCKからすでに2011年韓国の歴史上最大の異端であり、神聖冒涜であるとすでに判定を受けました。
(資料: 崔三更牧師をCCKが異端と確定した記事崔三更牧師を合同教団が異端と規定された記事崔三更牧師が統合教団から異端とされた記事大韓イエス教長老会海外合同総会が崔三更牧師を異端と規定

そして崔三更牧師に与するパクヒョンテク牧師は学歴を偽造し、通っていない神学校に通ったと主張していたことが明らかになりました。パクヒョンテク牧師は教育部(文科省に相当)から学歴抹消命令を受けました。彼は牧師として無資格であり、ましてや普通の牧師以上に神学的素養が要求される異端鑑定などする資格はありません。
(資料: 学歴偽造問題の手がかりが露呈学歴偽造が事実として確定学歴偽造報道裁判でクリスチャントゥデイ記者が無罪に学歴偽造報道裁判の判決文学歴偽造報道裁判の判決文原文

崔三更牧師とパクヒョンテク牧師、二人の共通点はCCKの異端対策委員会で張在亨牧師を数年間攻撃し、その過程で異端鑑定者として不適格であることが発覚し、CCKから除名され追放されたことです。

(資料: 崔三更牧師が異端判定を受けCCK立入禁止になった件CCKを追放された崔三更牧師がCCK実行委員会に乱入し、追い出された事件崔三更牧師とパク・ヒョンテク牧師が異端似非対策委員会から除外された件

崔三更牧師による異端捏造資料が根田氏に渡り、それを根田氏がJEAと山谷氏に情報を渡し、問題を起こしました。根田氏と山谷氏はその資料に自分たちが捏造した資料も付け加え、韓国や香港などの複数の新聞に拡散させました。崔三更牧師が肩入れし、根田氏と山谷氏が異端カルトの根拠とするNews N Joyという韓国の新聞は、主体思想つまり金日成主義を追従する新聞であることが最近明らかになりました。New s N Joy は発行人が発行人であることを取り消し、閉業を申告し、ドメインがnewsnjoy.co.kr ではなくなり、現在newsnjoy.or.krとして運営されています。
(資料: News N Joyの北朝鮮追従の実態

崔三更牧師は戦闘的な過激な左翼解放神学派の都市産業宣教出身であることが知られています。崔三更牧師は特に「北朝鮮の国旗を燃やすなら星条旗も共に燃やすべきだ」とすら発言し、大きな問題を起こしてきました。根田氏と山谷氏はNews N Joyによる根拠のない報道を利用しました。News N Joyは統一協会から資料を持ってきて添削し、福音主義のキリスト教牧師であり、韓国クリスチャントゥデイの創立者である張在亨牧師を攻撃しました。根田氏やNews N Joyは福音主義のキリスト教新聞市場で独占的な地位を占めたいがために張在亨牧師やクリスチャントゥデイへの攻撃をを始めました。
(資料: 崔三更牧師に都市産業宣教の前歴崔三更牧師の都市産業宣教前歴報道裁判が不起訴に)

根田氏と山谷氏は韓国でまるでこの問題が終わっていないかのような情報を流していますが、張在亨牧師
嫌疑無しとする決議は、60の教団が署名した声明文として、日刊紙に全面広告を出ました。そして、20個の教団がCCKから脱退したかのように言っていますが、確認したところ脱退していませんでした。幾つかの教団が韓国教会連合会というものを作りましたが、それは張在亨牧師とはなんの関係もありません。CCKは現在でも韓国の最も代表的なキリスト教団体であり、かえって教団が多く加わって71の教団が加盟しています。
(資料: 国民日報に全面広告として掲載されたCCKの声明文CCKの声明文の原版CCKのウェブサイト加盟教団リスト

根田氏と山谷氏は統合教団と合神教団の研究報告書について話しているが、それは鋭意注目しようという報告書を出したものです。異端として決議したものではありません。張在亨牧師の所属教団は大韓イエス教長老会合同福音教団であり、CCKの創立教団の一つです。統合の崔三更牧師と合神のパクヒョンテク牧師がCCKの異端対策委員会に合同と合神の調査報告書を持って行きました。CCKは調査報告書を裁定をして嫌疑無し
であるという結論を出しました。崔三更牧師はイ某という証人を連れてきて記者会見をしたりいろいろな大騒ぎをしましたが、CCKに加盟するすべての教団のキリスト教指導者で調査委員会を構成して調査した結果、すべては事実無根であり、なんの嫌疑もないという結論がでました。
(資料: 崔三更牧師がイ証人を利用した過程イ証人の証言イ証人記者会見の顛末イ証人の聖書講義について

崔三更牧師らはこれを不服だとして再調査を要請しました。当時は統合教団の元会長がCCK代表会長になったころで統合の崔三更牧師に有利なかん今日出会ったにもかかわらず、再調査をした結果、事実無根であり、張在亨牧師は嫌疑無しであるとの結論が出ました。この調査は2回にわたり2年間かかり、根田氏や山谷氏はすべての資料をCCKに提供し、香港や他の国での資料、これに関するすべての新聞記事を集め研究し調査した結果、嫌疑無しであり、何の証拠もないという結論に達し、一段落しました。
(資料: 崔三更牧師による再調査要求の経緯CCKの公文2010年

張在亨牧師が統一協会論難と再臨主論難において嫌疑無しであるという正式な公文を、CCKはJEAに送りました。
世界福音同盟(WEA)も疑惑が嫌疑無しであり、これ以上論議しないよう促す公文をJEAに送りました。すべての面においてキリスト教の中では整理がついた状態です。しかし、山谷氏は韓国の張在亨牧師と日本のクリスチャントゥデイに直接関係があるなどどいう話をしていますが、張在亨牧師はアメリカの神学大学の教授をしており、日本のキリスト教新聞であるクリスチャントゥデイには関わりがありません。(資料: 張牧師WEA北米担当理事就任時の記事2014年WEA総会の準備会での張牧師WEAがJEAに送った文書

山谷氏は自分の資料を香港や韓国に送り、騒ぎを大きくさせました。山谷氏と韓国の荒野の声新聞は張在亨牧師に対する論難について山谷氏の資料を記事として発表したり山谷氏にインタービューをして掲載したりなど、一つになって山谷氏と同じ主張をし、クリスチャントゥデイに対する名誉毀損を行なっていました。韓国クリスチャントゥデイは荒野の声を名誉毀損の罪状で刑事告訴しました。崔三更牧師、パクヒョンテク牧師が裁判でいろいろな弁護をして、裁判の遅延の要請をしました。しかし裁判の結果、最終的な判決文は2つの点において名誉毀損だとしました。ひとつは「ダビデアン」「張在亨牧師がすべて支配」「すべてが一体で資源を共有している」などの言説は名誉毀損であること。2つ目は「再臨のキリストと教えている」などの言説は名誉毀損であることです。このように山谷氏の主張は刑事裁判で有罪判決が下ったものです。
(資料: 荒野の声による山谷へのインタビュー荒野の声裁判の概要荒野の声裁判 1審判決、2審判決、最高裁判所の判決

これまでにどのような教団、団体も張在亨牧師に対して異端判定をしていません。CCKでは嫌疑無しとの結論が出されました。そして韓国の刑事訴訟でも上記のように有罪判決を受けました。この問題において、日本の山谷氏だけが裁かれずに残っています。日本でも山谷氏が属している救世軍は彼の主張を支持していません。救世軍の世界本部も支持していません。救世軍は山谷氏個人の意見だと話しています。そして、山谷氏はクリスチャントゥデイに信仰告白さえすれば疑惑の提起を止めると言っていましたので、クリスチャントゥデイは信仰告白を出しました。その信仰告白は現在でもサイト上に掲載されています。それにもかかわらず、山谷氏はクリスチャントゥデイに対して陰湿な害を加えています。
(資料: 山谷氏に対する救世軍の立場山谷氏に対する韓国での評価日本脱カルト協会理事平岡正幸氏インタビュー平岡氏談話クリスチャントゥデイ信仰告白

これはキリスト教に反対する左翼勢力と市場支配力を高めようとするクリスチャン新聞根田氏の商業的な意図がひとつになり、熾烈にクリスチャントゥデイを攻撃しているということです。日本の裁判でも早く結論をくだすべきだと思います。山谷氏はCCKから結論が出されればおわるとも言っていました。CCKからすでに結論が出ましたが山谷氏は謝罪せず、クリスチャントゥデイに対する中傷をやめず、攻撃し、虚偽事実をばらまき、これを継続しています。

韓国クリスチャントゥデイは12年の間、多くの人々から購読されており、読者数はすべての宗教新聞の中で不動の1位です。日本でも最も多くの読者を持つキリスト教インターネット新聞です。日本クリスチャントゥデイはJEAの元理事長である峯野龍弘牧師が代表として就任しています。キリスト教メディアとしての使命を担当している新聞です。
(資料: クリスチャントゥデイ経営陣韓国の宗教新聞のランキング日本のキリスト教新聞統計

これにも関わらず、山谷氏は日本クリスチャントゥデイに関して外国の牧師を無理やり関連付け、数年前の韓国の問題を取り出し、あたかもカルトの新聞であるかのように言っています。つい最近も、Twitterで張在亨牧師を「統一協会系異端カルトのダビデ張在亨」などの情報を拡散させています。
(資料: 山谷氏のツイッター

この問題は宗教的な問題ではありません。根田氏と山谷氏にとって、異端かどうか、カルトかどうかがこの問題の焦点ではありません。これは言論機関に対する脅し恐喝やを含んだ圧殺です。根田氏や山谷氏に与する元救世軍の坂井能大は匿名掲示板の2ちゃんねるで膨大な量の誹謗中傷を繰り返し、クリスチャントゥデイの掲示板においても誹謗中傷を行ったのみならず、クリスチャントゥデイ対して脅し、恐喝をしました。坂井は救世軍を解任されました。
(資料: 山谷氏の協力者坂井能大による営業妨害電話の音声営業妨害電話の会話内容)

山谷氏はあたかも救世軍がクリスチャントゥデイによるサーバーアタックを受けているかのような言説、あたかもクリスチャントゥデイが差し向けた不審者によって、自分が脅されているかのような言説を広めました。山谷氏がクリスチャントゥデイを犯罪集団かのように流布するに至り告訴せざるを得なくなりました。サーバーアタックに関するものはすでにサーバーを管理しているオーストラリア救世軍の担当者からアタックを受けたことがないとの確認を受けました。
(資料: 日本CTによるサーバーアタックをほのめかす山谷氏サーバーアタックの嘘が明らかになった経緯
サーバーアタックがなかったことを確認した電話取材

山谷氏はクリスチャントゥデイを「あらゆるサーバーを思いのままに攻撃できるような『カルト団体』」だとし、福音派キリスト教界について「ダビデアンという異端カルト団体が支配する情報システムを使って電子投票が行われ、WEAの重要な意志決定が行われる」、「キリスト教史上最悪かつ未曾有の事態」などと述べ、クリスチャントゥデイのせいで「ローマカトリックでも国連でもなく、われわれ福音派が『バビロン』と化す」、「聖書の預言によれば、世の終わりに『偽キリスト』と称する世界的政治指導者が出現し、世界各国を糾合して、大バビロンなる悪の帝国を建設する」などと主張しています。
(資料:「 あらゆるサーバーを攻撃」発言「福音派バビロン化」発言「悪の帝国」発言

キリスト教の牧師として、ハルマゲドン戦争を煽り、救世軍はこのときのために悪の勢力と戦うべき、ハリーポッターや指輪物語などから知恵を得て、悪の帝国であるクリスチャントゥデイと戦おうなどという話にもならない主張をする山谷氏に対し、公正な判決が出なければなりません。


更新:
2013年11月13日、初審の判決が下されました。東京地方裁判所の戸田久裁判長は、判決文で山谷氏の各種ブログ投稿が「意見ないし論評としての域を逸脱したものとして違法性が認められる」と結論しました。裁判所は山谷氏にブログ記事の名誉毀損箇所を削除し、95万円の損害賠償を支払うことを命令しました。(資料:クリスチャントゥデイの名誉を棄損 山谷真牧師に賠償命令名誉棄損で賠償命令の山谷真牧師、控訴断念し敗訴確定 賠償金など計121万円支払う根田祥一クリスチャン新聞編集長、山谷真氏敗訴の法廷判決を歪曲し否認

2012年10月5日金曜日

詰んだ山谷氏が終局までに打とうとする手

韓国キリスト教界を代表し、数十個の教団が加盟する韓国基督教総連合会や韓国最大の教団である大韓イエス教長老会(合同)で山谷氏の支持する崔三更氏が異端と決議された事実を、クリスチャントゥデイが報じた。

このような事実が明るみになったため、救世軍の山谷真少佐は「クリスチャントゥデイとその同調者が主張」、「クリスチャントゥデイの自説」などの表現を使ってあたかもクリスチャントゥデイが率先して主張し、それに同意するのは名を呼ぶに値しない異端擁護団体や個人しかないかのように、印象操作を行なっている。

山谷氏がクリスチャントゥデイただ一者の主張であるかのように崔三更牧師問題を矮小化させようとするのは、救世軍を始めとする日本のキリスト教界が見て見ぬふりをするのを期待しているからだろうか?山谷氏の異端捏造活動についてはまだ日本のキリスト教界は見て見ぬふりをしている。裁判で判決が出ていないからどちらの主張が正しいかわからないというのが複数の日本のキリスト教界の指導者の話だ。静観である。つまり山谷氏が裁判に負ければ山谷氏の異端捏造活動は日本キリスト教界からの支持されないものとなる。しかし、CCKや合同で異端決議された崔三更牧師を山谷氏が支持するとなると話は別だろう。日本のキリスト教界は崔三更牧師支持し、異端を自認するに至った山谷氏を支持するだろうか?

これが最近の山谷氏のパフォーマンス的な崔三更牧師擁護の背景のように思える。日本のキリスト教界に崔三更牧師支持を認めてほしいのだろう。

山谷氏は9月25日付けで「イエスはマリアの血を受けたもうた」と題した記事を、9月28日付けで「韓国教界最新動向」と題した記事を、9月29日付けで「キリストはマリアの血によって貧しさの中に生まれたもうた」と題した記事を、10月1日付けで「破邪顕正」と題した記事をブログに掲載した。記事の主題はいずれも崔三更牧師の月経胎孕論であり、すべての投稿において山谷氏は崔三更牧師の主張を擁護し、崔三更牧師を異端とする大規模な連合体や教団の決議には一言も触れず、まるで存在しないかのように崔三更牧師を利する情報を虚偽を織り交ぜつつ繰り返している。

山谷氏がCCKや合同について触れないのはなぜだろうか?以前なら自分に都合の悪い事実には徹底的に反論したのだが今回のCCKや合同での崔三更牧師異端決議には反論すらしない。

日本のキリスト教界にはCCKや合同と宣教協力を締結した教団もあるが、これらの日本の教団を敵に回せば勝てないからだろうか?もしくは、これらの教団を説得して宣教協力を破棄させるなり、崔三更支持に立場を反転させるのは無理だと踏んでいるからだろうか?

クリスチャントゥデイは賛否両論を掲載したに過ぎない。異端の判定は教団や教団が加盟する連合機構が行うものであり、一個人や一報道社が異端だと主張したところであるグループが異端集団になることはない。その逆もしかりだ。崔三更牧師を山谷氏が擁護するのは自由だが、山谷氏が擁護したとして、崔三更牧師がCCKや合同で異端と規定された事実が日本のキリスト教界から無視されるほどに矮小化されるものではない。

山谷氏が根拠とする異端捏造活動は崔三更牧師がCCKで行なってきたものであり、異端思想と異端捏造活動が明らかになったために崔三更牧師はCCKから追放された。一旦崔三更牧師を支持した以上引けないのは理解できる。今更崔三更牧師を否認するとなると山谷氏自身の異端捏造活動が大義名分を失ってしまうからだ。

宗教的な法廷で負けた崔三更牧師がCCKから追放されたのと同様に、裁判で負けた山谷氏が救世軍から追放されるならば、山谷氏はどうするのだろうか?崔三更牧師が新しい組織を作って異端捏造活動を続けているように、単立の教会でも作って異端捏造活動を懲りずに続けるかもしれない。しかし、それを日本のキリスト教界は支持するだろうか?

今回山谷氏は自ら異端と自認したことにより、詰んだ。

2012年10月3日水曜日

山谷氏、韓国キリスト教界の動向に関する事実を歪曲・隠蔽

救世軍の山谷真少佐は、韓国基督教総連合会、韓国教会連合、その他の韓国の教団などの韓国のキリスト教界の事情について、自身の異端捏造活動に都合の良く複数の事実を歪曲、隠蔽している。これは常態化して久しいが、特に9月28日の主張は扇動的な傾向を強めた。

山谷氏は韓国教会連合(CCIK)が開催したという正しい信仰の守護委員会について話したが、実は同委員会は委員長自体が不法である。韓国教会連合(CCIK)正しい信仰の守護委員会委員長に就任したとされているジョン・グンヅ牧師は大韓イエス教長老会(高神)の牧師である。9月20日に開催された同教団の総会は「前総会長ジョン・グンヅ牧師の韓教連 ​​の活動は、総会の許可と派遣を受けていない行為であるので、憲法に反する」とする行政法規委員会による報告を承認した。

ジョン・グンヅ牧師の所属する大韓イエス教長老会(高神)は「韓基総脱退の件」についての対策研究委員会(委員長ジョン・スセン牧師)を組織し、CCKの記事を確認し、CCKと韓教連 ​​の関係者らを面談した結果を報告書にして総会に提出した。同対策研究委員会は報告書で「脱退よりも優先することは、CCKを刷新して創立の精神を継承できるように改革的努力を講じることである。」とし、CCK脱退に反対し、ジョン・グンヅ牧師とオ・セテク牧師などの一部が強く脱退を主張したが、大多数はこの結論を受け入れた。

大韓イエス教長老会(高神)はCCKを脱退しておらず、CCIKに加盟してもいない。ジョン・グンヅ牧師を派遣してもいない。つまりCCIKの正しい信仰の守護委員会の決議自体が無効であり、不法だ。

大韓イエス教長老会(合神)に関しても山谷氏は複数の嘘をついた。山谷氏は合神を韓国で二番目規模の教団だと言っているが、これは嘘である。最大規模の教団が合同、二番目規模は統合である。9月20日に67回定期総会が開催されたとしたが、これも間違っており、97回総会である。山谷氏はこの日に開催された総会で、張在亨牧師について決議をしたと述べているが、これも間違っている。崔三更牧師と合神の異端似非対策委員会のパク・ヒョンテク牧師を擁護する異端似非対策委員会の報告書が提出されたが総会では受け入れられなかった。その中で言及もされていない張在亨牧師について山谷氏が合神の決議などと主張したことは嘘である。合神はCCKを脱退したが、CCIKに加入していない。

山谷氏は大韓イエス教長老会(統合)が最大規模だと虚偽の主張を展開し、統合が9月に開催した総会で「崔三更牧師の月経懐胎論に関して異端性は無い」と決議したことを再確認する決議をしたと述べたが、以下の事実を隠した。

同教団では、総会で議案を通過させるためには、総会の3カ月前に中会を通して議案を提出しなければならない。しかし、崔氏はその過程を経ず、自身を異端解除することを、総会のわずか1週間前に開かれた同教団の異端似非対策委員会の緊急会議で緊急案件として決議させ、今月の教団総会に提出した。同委員会の委員長は崔氏自身である。

統合の崔三更牧師や合神のパク・ヒョンテク牧師が含まれており、不法に結成されたCCIKの正しい信仰の守護委員会ではキル・チャヨン牧師、ホン・ジェチョル牧師を異端擁護者だと主張した。

CCKは虚偽の事実でCCKを陰湿な攻撃、誹謗したことに対する名誉毀損で9月28日大韓イエス教長老会(白石)、大韓イエス教長老会(合神)、大韓イエス教長老会(統合)の牧師ら3人を告発する告発状を管轄警察署に提出したと発表した。

韓国キリスト教界ではWCCに反対の合同と、賛成の統合が分裂したという歴史的な事実がある。現在統合はWCCの総会の誘致に動いており、韓国最大の教団でCCK会員でもある合同はこれに反対している。CCK現代表会長のホン・ジェチョル牧師は合同に所属している。

今回の論争の背景にもWCC賛成派対WCC反対派の葛藤がある。ヨイド純福音教会のチョー・ヨンギ牧師は9月25日に宗教多元主義であり、同性愛容認であるとの理由でWCCに反対であるとの信仰観を韓国の一般紙に広告掲載するかたちで発表した。これに応じてCCKのホン・ジェチョル代表会長は26日に同発表を歓迎し、同様にWCCに反対するという声明をCCKの公式ウェブサイトで発表した。この声明の中でホン・ジェチョル牧師は大韓イエス教長老会(統合)を名指しでWCCを支持する教団と呼んだ。

統合では崔三更牧師が個人として動いており、教団の中には崔三更牧師に表立って反対する牧師もいる。高神にも崔三更牧師らが自ら「四人組」と呼ぶ自称異端鑑別師の一人がいる。山谷氏はあたかもCCKが包囲されたかのように歪曲するが、実際は間違った情報を持ち出して批判していることであり、個人的に崔三更牧師一派の起こした出来事を誇大に表現している。

今回山谷氏はこの崔三更牧師の月経胎孕論の支持者になった。これは山谷氏が自ら自分を異端であると自認するに等しい。

2012年9月21日金曜日

クリスチャニティ・トゥデイの「再臨主論争」が破綻

2012年9月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Christianity Today's 'Second Coming Christ Controversy' Collapses”です。

http://www.christianpost.com/news/christianity-today-second-coming-christ-controversy-collapses-81661/

筆者紹介:ジョナサン・パク、ゲスト寄稿者

ジョナサン・パク氏はオリベット大学ジャーナリズム学部のディレクター。彼はイリノイ州エバンストン市のノースウェスタン大学で2つの学士学位を受け、カリフォルニア州サンフランシスコ市のオリベット大学で神学修士の学位を受けた。ノースウェスタン大学の学生であったころ、パク氏は寄稿者としてクリスチャン・ポストに記事を書いていた。クリスチャン・ファミリーで育ったパク氏は子供の頃から今まで教会に欠かさず通い続けており、現在はEAPCAの教会に通っている。彼はボランティアの奉仕者として数年間聖書勉強の指導や不定期に聖書のメッセージを伝えるなどの奉仕をしてきた。

クリスチャニティ・トゥデイ(CT)は、9月12日に掲載した記事の中で、いわゆる「再臨主論争」の焦点を救済論の問題から過去の終末論の教えに移した。

オリベット大学ジャーナリズム学部のディレクターを務め、以前クリスチャン・ポストの寄稿者でもあったジョナサン・パク氏は、CTの記事に関する事実確認をするため自ら調査とインタビューを実施した。

以下の記事はパク氏によって書かれ、各メディアに送付されたものだ:


CTの情報源となったエドモンド・チュアが張在亨牧師の正統性を証言、まごつく問題提起者ら


クリスチャニティ・トゥデイとのインタビューの中でエドモンド・チュア氏は張在亨牧師が過去にどのように終末論を信じていたのかについて疑問を呈したつつも、これと同時に張在亨牧師がキリスト論と救済論に関しては正統であると確認した。エドモンド氏は「張在亨牧師は十字架の犠牲と贖いについての神学を説教することにおいて卓越していた。彼は多くの牧師がただ1行で言い終わるようなところをうまく取り上げ、神がいかに私たちを愛するのかを伝え、イエスと弟子たちとの関係をどんな映画よりも良く言い表した」と言った。

エドモンド氏は同様に、3週間前の8月23日に自分がマネージャーを務めるシンガポール・クリスチャン・ポストに掲載した個人的な証しの中で、張在亨牧師がキリスト論と救済論において正統であると保証した。彼の証しは「ダビデ張の正統性:ある元関係者の視点」と題されており、張在亨牧師が創設したオリベット大学の正統性も保証した。

エドモンド氏は「私は張在亨牧師が罪が贖われることについて正確に宣べ伝え、教えたことを保証できる」と述べ、サンフランシスコのオリベット大学のメインキャンパスで張在亨牧師の説教を聞き、説教を筆記したものを読んだと明かした。「(CTの一番目の記事の中で)今まで主張されていたことは間違いであり、張在亨牧師は十字架を失敗だと考えておらず、勝利であり、罪からの贖いをもたらすものだと考えている。張在亨牧師の説教や張在亨牧師が教えたことを書き留めたものを見たり読んだりし、そう言える」とエドモンド氏は明確化した。

実名にせよ匿名にせよ、他のすべての情報源となった人物と同様にエドモンド氏は、「張在亨牧師は決して自分を『再臨主』だとと教えたり、暗示したりしなかった。私が張在亨牧師の説教や教えを聞いた中で、私は一度も彼が自分をキリストだとかメシアだとか宣言したことを聞いたことはないし、どのような手段によってにせよ自分がそのように信じているなどとほのめかしたこともない」とCTに語り、また自分の証しの中で述べた。

「張在亨牧師の教団の教会に私が入った本当の理由はまず、十字架にかかり、復活されたキリストの栄光強調する教えが素晴らしく、人生を変えるほどだったからだったということは言っておかなければならない。」とエドモンド氏は加えた。

エドモンド氏の8月23日の記事での主張に、CTははじめはまごついたかもしれない。張在亨牧師に対する問題提起者はほとんどが東アジアの人物であったが、その中でエドモンド氏は張在亨牧師がキリスト論と救済論に関して正統だと強く弁護し、その結果「張在亨牧師に関係する人々がイエス・キリストの働きと十字架の歩みが失敗だと信じている」という主張が虚偽であることを証明したからだ。


エドモンド氏の新しい造語「非パルーシア後千年王国説」

8月23日の同記事で、エドモンド氏はEAPCAの教団に属する何人かが「非パルーシア後千年王国説(non-Parousia Postmillenialism、以下NPP)」とエドモンド氏が呼ぶ説を信じている、もしくは教えられたとと想定した。エドモンド氏はNPPを数人の個人が教えられたのは2006年以前までであり、張在亨牧師はその年に人々がそれを教えるのを止めさせた、とまで主張した。NPPはエドモンド氏による造語と見られる単語は、キリストの再臨を文字的な出来事というよりは象徴的な出来事とする解釈を意味している。

しかし、この記事の筆者の見解ではNPPはEAPCAの終末論に対する見方として正確ではない。

この記事の筆者は2005年から個人的にEAPCAの教会に通っているが、前千年王国説や後千年王国説もしくは無千年王国説に関するどんな説に関しても教会で教えられたことや説教で話されたなどという記憶はない。オリベット大学においては、組織神学の授業と、非常に簡潔にではあるが新約聖書の授業で3つの主要な終末論に関する説は教えられていたが、その中で教授らがどれか一つの説を他の説よりも支持したりすることはなかった。

EAPCAの書記であるアンソニー・チュウ牧師は、NPPが同教団の正式な説であることなど決してないと述べた。

「NPPすなわち『非パルーシア後千年王国説』という単語は、私たちの信仰を説明するためのエドモンド・チュア氏による造語だ。グーグルでこれを検索しても関係ない結果しか出てこない。チュア氏が自分で作った単語のようだ。」とチュウ牧師は語った。

エドモンド氏本人も「張在亨牧師の実際の説教の中ではこのような教えを聞いたことはない」と言ってこれを認めている。

チュウ牧師はまた、エドモンド氏のNPP説や張在亨牧師をキリストだと信じることを教える、もしくは奨励するようないかなる講義もなかったと述べた。同教団はその信仰告白によってイエス・キリストその方が力と栄光の中で再臨されることを常に証言していると語った。

EAPCの公式な信仰告白を以下に抜粋する。「私たちは私たちの主イエス・キリストは神が、肉体を取ってこの世に来られた方であること、乙女より生まれたこと、罪なく人として生きられたこと、神聖なる奇跡をおこなわれたこと、身代わりとして罪を贖うため死なれたこと、体の復活されたこと、昇天されたこと、とりなしの働き、力と栄光の中で再び来られることを信じる。」


エドモンド氏のEAPCAの終末論に関する主張は大幅に変わった

エドモンド氏は、8月の下旬まではEAPCAの神学に関する自分の主張を支持しており、終末論に関してだけ疑問を呈していた。

しかし、「張在亨牧師の正統性」についての記事を書いた数日後、エドモンド氏はシンガポール・クリスチャン・ポストの続編記事の中で自らの主張に矛盾することを主張した。その記事はクリスチャン・ポスト紙の編集規定に違反したため掲載後ウェブサイトからすぐに削除された。(エドモンド氏の一番目の記事はシンガポール・クリスチャン・ポストのウェブサイト上に残っている。)

しかし、論争の的となっているエドモンド氏の主張のうち多くは、CTの9月12日の記事の中で再掲載された。エドモンド氏はCTに「一度は張在亨牧師は新しいキリストであり、救世主的存在で、地上に神の国を成す信じたし、イエスの名によって祈る代わりに張在亨牧師の名によって祈った」と語った。

これらの主張は張在亨牧師の祈りと説教の中にあるイエス・キリストに対する明確さについて以前エドモンド氏が主張していたことは対照的であり不可解だ。

エドモンド氏は8月23日の記事で「張在亨牧師は祈りの中で三位一体の神に栄光をささげ、神に祈るときは毎回イエス・キリストの名によって祈った。この事実からすると、実際に自分をキリストだと信じているとすれば、イエス・キリスト名で祈ることは不合理なことになる。
」と記した。エドモンド氏の続編の記事はこのように矛盾するようなことと、論理が破綻していることがあり、ある程度の読者らが二番目の記事がまったく別の人物によって書かれたものだと確信するほどであった。

オリベット大学神学部・神学校の学部長を務めるドナルド・ティンダー教授はエドモンド氏の最初の記事にある説明は「助けになる」と見たがエドモンド氏が後に送付したEメールと二番目の記事は捏造されたものであるか、エドモンド氏が何らかの方法で圧力を受けて書かされたものだと考えた。そのような懸念について、あるEメールの中でティンダー教授はCTの「再臨主論争」の記者であるテッド・オルソン氏に向かって「主張の中に矛盾があまりにも多いため、もしエドモンド氏がこれらの矛盾する主張を実際に書いたのなら、エドモンド氏の中には重大な混乱があるか、非常に圧力がかかっているはずだ」と述べた。

ティンダー教授は、クリスチャニティ・トゥデイ(CT)の編集者を10年間務めたが、そのCTのテッド・オルソンに対して「エドモンド氏の極端な発言は張在亨牧師や張在亨牧師の関連する団体に対する他の根拠なき非難にあまりにも類似している」と述べた。

「しかし、エドモンド・チュア氏のEメールには『私たちに対する攻撃が誤解、誤解釈、全くの捏造、そして可能性としては健全な教理を保つことを目的とするよりは、ただ不和の種を蒔くことを目的として関与している誰かが抱いている敵意に基づいている』という私たちの主要な主張の証拠が含まれているという長所がある」とティンダー教授は続けた。

この記事の筆者は自身の証しをクリスチャニティ・トゥデイのオンライン編集者のテッド・オルソン氏にも送付した。その証しの中で、筆者は「イエス・キリストの働きが十字架の上で完了したことを信じること(健全な救済論)」と「再臨主(張在亨牧師)がイエス・キリストの『未完』の働きを成し遂げる必要があると信じること(終末論の問題)」の両方を同時に信じることは不可能であるとを指摘した。イエス・キリストの働きは、完了と未完の両方が同時に成立することはできない。エドモンド氏と同様にこの記事の筆者もイエスの十字架がが有効であり、完全であるというという教えを受け、その信仰ををずっと堅持している。

エドモンド氏との個人的なやり取りから、この記事の筆者はエドモンド氏が十字架の勝利を認めていると確信した。この記事の筆者はエドモンド氏の2番目の記事が彼の本当の信仰を反映したものではなく、おそらく彼の元々の証しを変更させようとする圧力を受けた結果、掲載されたものだとと信じている。


そのレッスンを誰が教えたのか?ボラ・リン氏ではなく、エドモンド氏の妻であるスーザン氏

CTの報道によると、エドモンド氏が自身の妻であるスーザン氏から一連のいわゆる「極めて重要な最後の」ヒストリー・レッスンを終了し、その講義によって張在亨牧師が再臨主だと告白するように導かれたのは2005年の9月6日だという。CTの記事はまた、これらのいわゆるヒストリー・レッスンの抜粋を取り上げている。CTはこの講義が2002年にボラ・リン氏というある聖書の講師によって伝えられたと主張している

エドモンド氏は、自身の意見の中でリン氏が張在亨牧師の「チーフ・ティーチング・アソシエイト(教育主任)」だと説明し、エドモンド氏が張在亨牧師が再臨主だとと信じるよう「奨励」するためにスーザン氏によって使用された終末論の教えはリン氏によるものでその責任はリン氏にある、と主張した。

クリスチャニティ・トゥデイは8月15日の記事の中で、いわゆる「ヒストリー・レッスン」は40個あると記した。しかし、9月12日の記事ではクリスチャニティ・トゥデイはこの主張を支持する情報源の人物として、少数の名前しか挙げることができなかった。しかも少数の講義、特にオリベット大学理事長の妻であり、三児の母であるボラ・リン氏によってなされたという講義の信憑性さえ論議されている。リン氏はエドモンド氏と彼の妻がCTの記事の中で言及したような講義など決して教えていないと、否定している。

リン氏はエドモンド氏が言及した講義の筆録は、エドモンド氏が該当の教会に通い始めた年よりも数年前にされた講義のことだとと指摘した。リン氏は「新しいメンバーを張在亨牧師が『再臨主』だと告白させるように導くことを意図した講義などない。私がそんなことを目的にバイブルスタディーを教えることなどあり得ない。なぜなら私は決して張在亨牧師が『再臨主』などと信じもしていないし、告白もしていないからだ。」と語った。

リン氏は「他の多くの福音主義のクリスチャンと同様に、私は再臨が文字通り起こり、イエス・キリストその人が再び来られると認める」とエドモンド氏に対して応答した。リン氏は使徒の働きを引用し、「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります」と述べた。

「私はナザレのイエス・キリストを待ち望んでいます」とリン氏は話した。

リン氏はなぜエドモンド氏がリン氏を「張在亨牧師の教育主任」だと考えるのか理解できないと言った。リン氏によると自身の人生の中でエドモンド氏と出会ったのは、あるフェローシップで2006年の夏季伝道訓練の行事の期間中の一度だけしかないという。リン氏は子育てに忙しく、2004年からは積極的に宣教に携わっていないとつけ加えた。

最後にリン氏は「もしクリスチャニティ・トゥデイが私に一度でも連絡を取ったのなら、私は『エドモンド氏が彼にこれを教えたのは彼の妻だと述べたのだから、CTが精査するべき人物は私ではなくスーザン氏ではないのか?』と単純に質問しただろう。私はスーザン氏には一度も会ったことがないが、私はスーザン氏と彼女の家族のために祈る。また、私は人々の誤解を悪用する行いが止むようにCTのために祈る」と述べた。


スーザン氏の教師が公言、スーザン氏の話は「不正確」で「誇張」

CTに掲載されたスーザン氏の話ではスーザン氏の信仰の遍歴が述べられ、彼女のキリスト教への改宗を始めとし、救済論と終末論に関する混乱についても言及している。

「私は洗礼を受けたが、洗礼や罪の意味を知らなかったし、救いについてはっきりと理解してもいなかった。私は、終末つまり審判の日がほんの少し怖かった」とCTに述べた。

この記事の筆者はCTが記事の中で「スーザン氏の教師」として言及したリ・ジホン氏へのインタビューの中で、スーザン氏の話を検証しようと試みた。リ氏はスーザン氏がCTに語った話には、ある程度は真実が含まれているものの、多くの部分は非常に「誇張」されており、「歪曲」されていたと述べた。

スーザン氏がリ氏を知るようになる以前、スーザン氏は中国の過激なクリスチャンのグループのメンバーであったという。リ氏は「スーザン氏がCTに対して示したように、スーザン氏は終末論に関して極端に原理主義的な観点を持っていた。私はまた、スーザン氏が『以前自分に聖書を教えた人は40日の断食を実践していた』と私に述べたことも記憶している」と述べた。

リ氏は二人が一緒に聖書を勉強したことを認めたが、リ氏がスーザン氏に『新しいイスラエル』と呼ばれるメッセージなど教えたことはない、と否定した。また、リ氏はスーザン氏に対して張在亨牧師が誰だと思うかなどと質問したことなど決してない、と否定した。リ氏はまた、スーザン氏から「張在亨牧師が『再臨主』だ」などとの告白を聞いたことなど決してないと語った。

リ氏は「私は自分自身そのような信仰を持っていないし、スーザン氏に対してそのようないかなる告白を奨励するようなメッセージも教えたこともない」と述べた。

それにもかかわらず、スーザン氏はCTに対して、「リ氏によって『新しいイスラエル』という講義を教えられた後で、自分が張在亨牧師を『再臨主』として告白した」と述べた。スーザン氏はまた、そのメッセージが2002年の7月20日にカリフォルニア州バークレー市で行われたある教会の修養会でボラ・リン氏によって伝えられた説教を元にしていると主張した。

しかし、リ氏は「自分はスーザン氏がリン氏のものだと主張しているそのメッセージを知らない。もし、ボラ・リン氏が何か講義をしていたとしても、私たちは中国にいたので私たちがボラ・リン氏の講義をバークレー市で聞いたなどとはあり得ない話だ。何にせよ、仮に私がボラ・リン氏の説教を聞いたとしても私はそれを理解することなどできない。私とスーザン氏の2人とも英語もわからなければ、韓国語もわからないのだから」と述べた。

ボラ・リン氏はこの記事の筆者に対して「自分はCTが書いているような講義はどれもしたことがない」と述べた。リン氏は「自分は2002年の7月20日にはバークレー市にいたことすらない。その時はニューヨーク市に住んでいた」と語った。

リン氏は「スーザン氏は私がこれらのメッセージをと教えたと言ったが、私はそのようなことを教えたことがない。私はスーザン氏には一度も会ったことがないが、CTの記事の中でスーザン氏が言及したメッセージは福音主義のキリスト教に敵対する人物らによって偽造されたのだろう、と私は疑っている」と述べた。

リン氏は「私や他の福音主義のクリスチャンを何年にも渡って攻撃し続けている人々がいる。あるブロガーと異端捏造者のことだが、簡単に言うと彼らは嘘と私の名目になっている虚偽の文章をインターネットで拡散させ、若いクリスチャンらに混乱をもたらしている」と語った。

スーザン氏のバイブルスタディーの教師であるリ・ジホン氏はスーザン氏がCTに語った他の話について「スーザン氏は自分の人生の詳細について多くのことを誇張して話した。スーザン氏が『宣教師』としてシンガポールに派遣されたとしているが、実際は留学生として自分で行っただけだ」と述べた。

リ氏は「そして、そこで張在亨牧師に付き添ってもらっていたという話は、ただ正しくない」と話した。

リ氏は回想し、「スーザン氏はFTMSグローバルアカデミーという学校で勉強をするためにシンガポールに行った。スーザン氏は私に『私はオーストラリアに移民しようと考えていたが、考えが変わってシンガポールに勉強しに行こうと思った』と言っていた」と述べた。

リ氏は「私はなぜスーザン氏がCTに、両親から『自分の宣教活動の支えとするための資金』を貰うために嘘をついた、と言ったのか解らない。スーザン氏は自分の学費を両親から貰おうとしていたのだが」と語った

「私はスーザン氏が以前のような過激な原理主義の終末論のグループに舞い戻ってしまわないかと本当に心配している。私はスーザン氏の信仰が良い方向に向かうよう心から祈る」とリ氏は述べた。


さらなる歪曲が複数発覚

この記事の筆者はまた、CTが言及した2004年に香港で行われた会議に参加した香港のナウェイ・チェン牧師と連絡を取ることができた。チェン牧師は「スーザン氏は張在亨牧師がホワイトボードを使って解説しながら終末論の講義を教えたと主張しているが、その主張は嘘である」と述べた。

チェン牧師は「その施設にはホワイトボードすらなかった」と語った。

エドモンド氏は自身の役割と立場について幾つか主張しているが、チェン牧師に真偽を確かめたところ、CTの記事の中でそれらの主張は大きく誇張されているという。

例えば、CTはエドモンド氏を「その運動における最高指導者ら」の一人と呼び、シンガポールの教会の奉仕を指導し、世界総会(World General Assembly、WGA)の東南アジア代表としても奉仕していたと記した。

チェン牧師は「私は彼らがどのようにシンガポールと東南アジアの『最高位』の代表者として指名されたなどという結論に達したのか解らない。シンガポール全土でここ6年間メンバーはエドモンド氏とスーザン氏の2人しかいなかった」と述べた。

「エドモンド氏とスーザン氏があたかも全東南アジアの教会とフェローシップのメンバーの信仰を代表するかのようにしてCTに話をし、誰に対してにせよ誤解を元にした間違った印象を与えていることを見るにつけ、私はこのような事態は常軌を逸していると思う」とチェン牧師は語った。

チェン牧師は「エドモンド氏がアメリカの教団であるEAPCAに属していると言うのは不正確だ。エドモンド氏はEAPCAではなく『フェローシップ』に属していたのでそのように話すべきだった」と述べた。

チェン牧師は「EAPCAはアメリカの教団であり、(中略)エドモンド氏は自身をEAPCAという名前に関連付けることが不適切であることを知っていたはずだ。エドモンド氏がEAPCAの名前を持ちだしてきた事実からすると、私にはエドモンド氏がこの論争を実際よりももっと国際的で大きな論争に見せかけたかったのだろうと思える」と語った。

これに加え、「閲覧制限が施された」チャットについての彼らの主張もまた正当性に疑いがかかっている。オリベット大学学生部長のナタナエル・トラン氏はCTが言及したチャットの信憑性と内容、
特に「『世の中からスタッフや教授ら』を雇用すれば『非常に危険』なことになりうる」などとチャットで述べられていたという主張に対して反証した。

トラン氏は「オリベット大学の教授のうちほとんどは、EAPCA教団に所属していないし、当大学は現在の状況を『危険だ』などとしたことはまったくない」と述べた。


神学的検討の会議にタイミングを合わせて記事を掲載したCT

CTはある委員会によって行われた会議の同日か、その会議に近接した日に「論争」についての記事を2つ掲載した。その会議では、南部バプテスト連盟のライフウェイ・クリスチャン・リソースがオリベット大学にニューメキシコ州のグロリエッタ・カンファレンス・センターを売却するためにもっている話し合いの一部として、神学的な検討を行なっていた。売却案件は検討の結果次第で成立するという。CTは2つ目の記事を9月12日、すなわち会議が行われていたその日に掲載した。


「正義のための嘘」などという教義はない

CTとのインタビューの中で、エドモンド氏は6年前にニューヨーク市で参加したある夏季伝道訓練でボラ・リン氏から「正義のための嘘」について教えられたと主張している。しかし、ボラ・リン氏はこの問題提起についてリン氏の信用、特にイエス・キリストを信じる信仰告白を毀損する試みの中で「完全に捏造されたもの」だと述べた。

「私は『正義のための嘘』を教えたことなどまったくないし、嘘が正当化されるなどと教えたこともない」とリン氏は述べた。

この記事の筆者はその夏季伝道の行事に参加した一人として、エドモンド氏の主張を否定するリン氏の発言を保証することができる。

「キリストの45年の働き」についてリン氏が教えたという「秘密の講義」などというものはなかった。CTはエドモンド氏と「他の7人」が選び出されて「秘密の講義」を聞かされたと報道した。しかし、その夏季伝道の行事の参加者はもともと7人か8人ほどしかいなかった。(エドモンド氏は複数の人に送ったEメールの中で、そこには8人の参加者がいたとしているが、この記事の筆者は参加者は7人しかいなかったと個人的には記憶している。)エドモンド氏を含めた8人全員が招待されたとすれば、もはやその出来事を「秘密」などとは呼べない。

この記事の筆者は、リン氏がその訓練中に別途に講義をしたとき、リン氏はイエスの人生について、乙女より生まれたことから、十字架の勝利まで教えたということを覚えている。この記事の筆者自身は、リン氏がイエスが十字架の上で勝利したことを宣べ伝えたことを聞いて、イエス・キリストを自分の救い主として信じる信仰が大いに強められた。

CTの記事の中で、香港でイエス青年会を調査していた独立委員会のメンバーであるカーバー・ユー氏は、イエス青年会(YD)というフェローシップが「正義のための嘘」を教えていたと問題提起をした。2008年にその委員会は「YDがイエスが一度目に地に来たことが失敗であり、YDが正義のための嘘について教えた」とする報告書を作った。ユー氏はCTに対して、「YDがそのメンバーらに対して嘘をつくように教えたと確信した」と語った。

あるYDの代表者はユー氏が行った「正義のための嘘」についての主張が虚偽であると述べた。彼女は「人々を『正義のための嘘』を実践しているとして非難する行為」は、実際には東アジアで魔女狩りのような行為を行なっているグループらが用いる技法だと語った。

そのYDの代表者は「彼らの議論が論理的に破綻するとき、通常彼らは『人を嘘つきに仕立てる』など、個人的な人格攻撃に攻撃手法を転換させる。そのような非難によって、クリスチャンであるにも関わらず、私たちを『正義のための嘘』の教義を教えているかのように仕立てる行為は、これの典型的な具体例だ。私たちがイエス・キリストの十字架の上の完全な勝利を信じると明確に信仰告白をするとき、問題提起者らは検証可能な証拠をもって反証することができないため、『彼らは自分の信仰について嘘を言っている』と言って論争に勝とうと試みる。このようなときは、問題を論理的に検証するのが正しい。しかし、この攻撃手法を使っている問題提起者らは、自分たちが論理的に負けると対話をまったく止めてしまう。これはアジアで反キリスト教のグループらがクリスチャンを攻撃するときに用いる典型的な手法だ」と書いた。

「これら幾人かの問題提起者らは制限なく何に対してでも、この『正義のための嘘説』を使って私たちを嘘つきだと非難するようだ。それが私たちの信仰であろうと、奉仕であろうと、彼らの主張に合わない事実に対しては全てだ。

私たちのイエス・キリストに関する心からの信仰告白を議論する権利を誰が持っているのか?私たちの良心は私たちのイエスへの告白についてはっきりとしている。この『正義のための嘘説』を持ちだしてこの信仰告白を粉砕しようと試みることは悪辣だ。私たちを攻撃する問題提起者らこそ嘘をついているのではないか?」と彼女は続けた。


「信仰と家庭」礼拝であり、結婚式ではない

CTはまたスーザン氏とエドモンド氏は2006年に69組のカップルとともに結婚式を挙げたと記した。(Faith & Family 財団のスタッフに確認したところ、CTの報道のように70組ではなく、69組のカップルが参加した。)

中国のFaith & Family 財団によると、実際に行われたのはCTが書いたような結婚式ではなく、礼拝であった。この財団は若いクリスチャンのカップルと家族のカウンセリングと支援を行なっている。

同財団は「その行事は結婚する前に他のクリスチャンとともに自分たちの家族が神に仕えることを願うカップルのためのキリスト教の礼拝だ」と述べた。エドモンド氏が参加したFaith & Family 礼拝には69組のカップル以外にも500人が参加していた。

この礼拝は結婚しようとするクリスチャンの父母の多くが仏教や他の宗教に属していという東アジア特有の家庭環境を加味して始まった。クリスチャンの父母が伝統的な方式で結婚式を挙げようとしているようなカップルのために、Faith & Family 礼拝によって始めに教会という公的な場でイエス・キリストを中心にして家庭を作る決意があることを宣言するものの、伝統的な形式で結婚式を挙げれるよう父母を尊重する。

Faith & Family の職員であるミンファン・ジン氏によると、参加者は必ず「Faith & Family は結婚式ではなく、キリスト教の礼拝である」という宣誓書にサインをするという。ジン氏は「カップルは指名による結婚はしない。そうではなく、カップルはコートシップの期間を経た後に礼拝参加を申し込む」と述べた。

CTの記事はまた、張在亨牧師とFaith & Family 財団の関係を歪曲している。CTの報道によると、その礼拝は2006年10月30日に行われ、CTは張在亨牧師の誕生日に合わせて行われたと主張している。しかし、その礼拝に参加したバート・チェン氏によると、礼拝の期日は10月29日であり、30日ではなかったという。チェン氏はまた、それが「結婚式ではなく、礼拝であった」と確証した。

付記:年配の韓国人の慣習であるが、張在亨牧師は太陰暦(10月30日ではない)に誕生日を祝う。

この記事の筆者の見聞したところによると、問題提起者らが自分らの主張を正当化するために日時を偽証したり、事実を歪曲したりするのはこれが初めてのことではない。


紛争を解決するための聖書的な方法


CTの記事の中で言及された団体らによると、CTは聖書的に紛争を解決しようと努力した人々のことを「脅し」として不正確に脚色しているという。

CTが列挙した機関の一つである日本クリスチャントゥデイの記者、井手北斗氏は「実名や匿名の数人の人物らが、聖書的な方法で苦情を解決するのではなく、自分たちの苦情を一次情報の情報源となってメディアで公表するという選択をしたことが、最も悪かった」と述べた。

井手氏は「本当に困っていた信徒らが『教会の中で対話することを通して困難な状況を解決しよう』との勧めに耳を貸さなかったことにより、横暴な商業的既得権益やその他の利得を貪ろうとする試みに巻き込まれて被害者になってしまった。彼らは非倫理的な動機によって扇動的な記事を書いて、はっきり言うとオリベット大学がグロリエッタ・カンファレンス・センターを購入する案件を破談させようとしている」と続けた。

アンソニー・チュウ牧師によると、この問題に関してもし本当に誤解があるのなら、キリスト教界の指導者とともにこれを解消するのが正しいことだという。

チュウ牧師は「もし誰かが教えや信仰について誤解をもつなら彼らはまず最初に教会で対話をはじめなければならなかったはずだ。しかし、その人々の誤解が、ある雑誌や人物らによって利用されたようだ。これは本当に悲劇だとしか言えない」と述べた。

「聖書には、クリスチャンの間で生じた意見の相異をどのような過程を通して解決に導けばよいのかがマタイの福音書18章で明確に説明されている。まずは行って、ふたりだけのところで責め、もし聞き入れないなら、ふたりか三人の証人の前で面会し、最後には教会に告げる。もしこれらのことに努力しても聞こうとしないなら、世俗的な場に問題の仲裁を依頼する」とチュウ牧師は語った。


論争は失墜し

CTは再臨主「論争」をあたかも大規模な世界的な問題であるかのように見せようとした。しかし、2つ目の記事では、CTは提起した問題を「キリスト論と救済論に関するもの」から、「10年前に教えられたと主張されている終末論」に収縮させた。CTは最新の記事で新しく実名の情報源として東アジアの人物らを2人取り上げた。その2人は終末論に関する問題を提起した。しかし、その問題はある聖書講義に基づいたものであり、その聖書講義は信憑性が立証されていない。そのため、「世界中の多くの人の総意」から「アジアの何人かのする主張」へと、CTが論争だと呼ぼうとした「それ」は失墜していったようだ。

2012年9月14日金曜日

韓国基督教総連合会秩序確立委員会、韓国教会連合を異端似非団体と規定して全員を告発措置

韓国基督教総連合会が9月13日に発表した公文を紹介します。原文は”한기총 질서위, 한교연을 이단 사이비 단체로 규정하고 전원 고발 조치”です。http://cck.or.kr/new2009/html/notice/notice01.htm?id=265&code=news_2011&cate=

名前:広報部
日付:2012-09-13 10:36:49

韓国基督教総連合会(韓基総)秩序確立委員会(委員長ギムヨンド牧師、以下秩序委)は13日午前7時の全体会議を開き、韓基総代表会長ホン・ジェチョル牧師を陰湿に攻撃した韓国教会連合(代表金ヨセフ、以下韓教連)を「韓国教会を滅ぼす異端捏造・テロ団体であり、韓国の教会に水をさす似非異端団体」と規定し、韓教連正しい信仰の守護委員会(委員長ジョン・グンヅ、以下正しい守委)とこれに参加したすべての人物らに対して全員を検察に告発することを決議した。

韓教連正しい信仰の守護委員会は9月8日午前の全体会議で、 「ホン・ジェチョル牧師(韓基総代表会長)の調査報告書」を採択した。秩序委は「この報告書の内容を見ると、世界中の虚偽と捏造、歪曲と陰湿な攻撃で満ちている」と指摘した。

報告書によると、韓基総代表会長ホン・ジェチョル牧師は第一に、1995年に「光復50周年記念平和統一ジュビリー大会」に異端を参加させた異端の共犯者であり、第二に、WEA北米理事の張在亨牧師を、韓基総で7年間調査した嫌疑が無かったと虚偽の主張をした異端の支持者であり、第三に、タラッパン教団を迎え入れた改革総会に行って祝辞をした親異端的な人士とした。

しかし、韓基総秩序委はこの内容は全く事実無根であり、韓国キリスト教界を代表する韓基総の代表会長を根拠も事実確認もせずに陰湿に攻撃するものであり、不道徳で破廉恥な行為であるため、韓教連を似非集団と規定して法の厳重な審判を受けさせるよう決議した。

韓教連正しい信仰の守護委員会が採択した韓基総代表会長ホン・ジェチョル牧師の報告書に対する反論として第一に、「光復50周年記念平和統一ジュビリー大会」に関連して、「ホン・ジェチョル牧師は異端連累とは全く無関係で、これに対する議論で検証された人である」という、所属教団である大韓イエス教長老会(合同)から来た公文書(2009年11月13日総会長ソ・ジョンベ、異端対策委員長朴ホグン)を掲載する。

参考として「光復50周年記念平和統一ジュビリー大会」は、韓国解放50周年を記念する大会であり、政治、経済、社会、文化、宗教などを網羅してNCCと韓基総が共同で主催し、主管した大会だった。そこに実質的に関与した主要役員らを見れば、総裁は当時、韓基総代表会長のイム・オク牧師とイ・マンシン牧師、代表会長は当時メソジスト監督会長である金ソンド牧師、大韓イエス教長老会(統合)の総会長である金ギス牧師、大韓イエス教長老会(合同)の総会長である金ドクシン牧師、そして常任大会長は大韓イエス教長老会(統合)のナ・ギョンイル牧師、運営大会長は大韓イエス教長老会(統合)の金サムファン牧師、実務大会長は(当時)(大韓イエス聖潔会)イ・ジェロク牧師、準備委員長は(大韓キリスト教聖潔会)総会長朴テヒ牧師、事務総長は大韓イエス教長老会(合同)のホン・ジェチョル牧師であった。しかし、準備委員長朴テヒ牧師は、総会で忙しく常任副総裁を務めることになった。そのため、共同準備委員長をメソジストイ・ジョンマン牧師と大韓イエス教長老会(合同)のホン・ジェチョル牧師が引き受けることになり、事務総長は、韓基総ジョン・ヨンテク長老が引き受け、総本部長は当時、韓基総総​​務のイボンソン牧師が引き受けて、この大会を準備し、完了したのだ。

韓教連の報告書通りなら、上にあるすべての人々が異端の支持者ないしは異端の共犯者、親異端者にならざるを得ない。

以下、大韓イエス教長老会(合同)が送付した文書


第二に、張在亨牧師の場合、韓基総から2004年1次調査【当時の代表会長キル・チャヨン牧師(合同)、総務朴チョンイル牧師(合同)、異端似非対策委員長オソンファン牧師(高神)、異端相談所長崔三更牧師(統合)、調査小委員会:委員長オ・ソンファン牧師(高神)、委員シム・ヨンシク長老(統合)、委員崔三更牧師(統合)】、2005年の2次調査【当時の代表会長チェソンギュ牧師(韓国アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団)、総務朴チョンイル牧師(合同)、異端似非対策委員長ハン・ミョングク牧師(キリスト教バプテスト)、異端相談所長崔三更牧師(統合)、調査小委員会:委員長朴ヒョンテク牧師(合神)、委員崔三更牧師(統合)、委員陳用植牧師(合同)】、2009年第3次調査【当時の代表会長オム・シンヒョン牧師(改革総連)、総務金ウンテ牧師(大韓キリスト教聖潔会)、異端似非対策委員長ゴ・チャンゴン牧師(大信)、異端相談所長金ハンアン牧師(統合)、調査小委員会:委員長ハン・ミョングク牧師(基督教韓国浸礼会)、委員シム・ヨンシク長老(統合)、委員朴チョンイル牧師(合同)、委員イ・ギュイン牧師(護憲)、委員イ・ドンヨン牧師(統合)、委員陳用植牧師(合同)、委員オム・パウロ牧師(改革総連)】、2010年第4回調査【当時の代表会長イ・ガンソン牧師(統合)、総務金ウンテ牧師(大韓キリスト教聖潔会)、異端似非対策委員長ゴ・チャンゴン牧師(大信)、異端相談所長金ハンアン牧師(統合)、調査小委員会:委員長ジョン・ヘソン牧師(改革)、委員シム・ヨンシク長老(統合)、委員ナ・ドゥサン牧師(合神)、委員イ・ジョンファン牧師(統合)、委員陳用植牧師(合同)、委員ソ・ジョンスク牧師(大韓イエス長老会ピアソン総会)】の結果も「嫌疑無し」として終結した。

代表的な問題提起者である崔三更牧師は、1〜4次調査の過程すべてで直接、間接的に関与しており、1次と3次調査時は張在亨牧師とそれぞれ3時間と5時間かけて対面したが、容疑を立証できなかった。また、4回目の調査では確証する資料があれば追加で提出することを要求され​​たが提出できなかった。

秩序委は上記のような事実に照らしてみると、韓教連正しい信仰の守護委員会の主張通りなら、むしろ7年の間張在亨牧師を調査するために参加した崔三更牧師をはじめとするすべての人物らがむしろ異端同調者、支持者ないしは異端として規定されても当然なことだと言った。そしてホン・ジェチョル牧師は張在亨牧師を調査する7年の間に全く関連しなかった。

責任があるとすれば当時6代にわたる代表会長にこそあれ、崔三更をはじめとする上記の異端似非対策委員長と似非対策委員たちは調査の内容も知らない現代表会長に対して、過去の会長の任期中の仕事について異端擁護者だと言えるのか。これは、韓教連が異端カルト団体であるという事実を自ら立証する結果となった。そして長老教総会を控えている時点で、軽率に無責任にもこのような手法を使用してメディアに報道させることは到底黙過できない。

第三に、柳光洙牧師について代表会長ホン・ジェチョル牧師は「いままでの人生で一度も顔を見たことがない人」とした。柳光洙牧牧師と関連した疑惑について秩序委で確認したところ、一山(イルサン)キンテックスで改革総会迎入礼拝をささげたのは伝道総会という宗派を解体し、個人や中会別に迎入していたものであり、また、その教団内部でのみ知っていた事案であって、外部には全く知られていなかったことだった。ただし教団に総会をすると言いつつチョ・ギョンデ牧師が当時代表会長であるチョー牧師に祝辞をお願いしたが、チョー牧師は到底時間が合わず行くことができない事情だったので代表会長の命を受けて、当時の共同会長であるホン・ジェチョル牧師が挨拶のため立ち寄ったのだ。また、その当時のプログラムにもなかったが、即興で韓基総代表会長に代わって激励演説をしてくれという要請を受けて激励演説をマスコミに報道されたように、2分程度になったのだ。また、韓教連正しい信仰の守護委員会の主張どおり福音的教団の改革総会に入ってきたので、韓基総のためにそしてWCC反対のために祈りと力を集めただけであった。ここで柳光洙の「り」の文字にも言及していないが、まるで現韓基総代表会長が親異端者であるかのように罵倒して名誉を毀損しているのだ。

このように韓教連正しい信仰の守護委員会を利用して、韓基総代表会長ホン・ジェチョル牧師を陰湿に攻撃したのには崔三更牧師が直接・間接的な影響を及ぼしたことが分かった。しかし崔三更牧師は、いわゆる「崔三更神学」、すなわち神が三つである「三神論」と聖霊によって生まれたイエス・キリストがマリアの月経を通して宿るようになったとする「マリア月経胎孕論」を主張し、2011年12月15日(木)、韓基総で、深刻な異端であり、神への冒涜だと確定した。また、大韓イエス教長老会(合同)では2011年12月30日(金)に第96回-2回政策実行委員会を開催し、役員会で上程した「崔三更牧師の異端規定に同意要請の件」を出席した委員が満場一致で通過させた。大韓イエス教長老会(合同)は、異端カルト対策委員会と崔三更異端処理5人委員会(委員長ムン・セチュン牧師)を経て、崔三更牧師について「改革主義信仰に反する異端」という結論を下し、彼を支持するすべての勢力は同調者として規定することを発表した。これにとどまらず、最近崔三更牧師について「大韓イエス教長老会(統合)の総会で三神論異端の決定が取り消されたことがない」と主張したが崔三更牧師から名誉毀損で告訴された大韓イエス教長老会(統合)の金チャンヨン牧師が2012年8月30日(木)に最高裁で無罪確定判決を受けており、崔三更は大韓イエス教長老会(統合)でも、まだ異端であることが明らかになった。崔三更は他の教団の総代らに陳情書を送るのではなく、自分が所属している大韓イエス教長老会(統合)で、まず異端解除をしなければならない。

最後に、韓基総秩序委は韓国教会を離間させて、根拠もなしに不道徳な行為をする韓教連を疑似異端団体と規定して検察に告発することを決めたので、各教団9月の総会では、これからはこのような邪悪なサタンの陰謀に強力に対応して韓国教会を正常化することにすべての教団が協力して、行政保留された教団は、速やかにすべてのことを解決し本来の姿勢に戻り、韓国教会の発展のために一緒に手を取り合って働くことを要請する。

2012年9月13日

韓国基督教総連合会
秩序確立委員会委員長金ヨンド牧師
書記金ギョンハク牧師

2012年9月13日木曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(7)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

クリスチャンポスト編集者らからのメッセージ

張在亨牧師、オリベット大学、クリスチャンポスト、その他クリスチャニティ・トゥデイの記事に名指しで巻き込まれた団体らに対して、十分な証拠もなく深刻な非難がされたが、クリスチャンポストの編集者らは、彼らがクリスチャニティ・トゥデイを含めすべて関わった団体に、キリストにある兄弟として接していることを認めたい。

クリスチャンポスト(CP)の編集者らは、クリスチャニティ・トゥデイによる非難記事の掲載に先立って、最近シカゴを訪れ、クリスチャニティ・トゥデイの編集者らと会談をもった。会談の中で、CPの編集者らはアジアのキリスト教界における論争の動向を説明し、聖書的により明確に理解できるよう努めた。

アメリカでの論争における、救済論的観点と終末論的観点とのずれ

この論争においてどのような主張がなされているのかについて完全に理解するためにはそこで用いられている語彙を見ることが重要となる。東アジアで、「再臨主」という単語は、張在亨牧師と、張在亨牧師に関係する人物らについて、イエス・キリストを信じておらず、張在亨牧師をその代わりに信じているという非難をするために使われている。その用語は、荒く英語に翻訳するなら"Second Coming Christ"となるものだが、聖書にも、中国語の辞書、日本語の辞書、韓国語の辞書にもない単語だ。これは統一協会の「イエスの十字架上の死には限界がある、もしくはそれは失敗であり、教祖である文鮮明がイエスの使命を完成させる再臨主だ」という特異な教理を説明するために統一協会が作った造語だ。

再臨主という単語は、完全に聖書と、特に使徒の働きの1章と矛盾している。「そして、こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」(使徒の働き1章11節)

つまり、この論争は救済論についての論争だろうか、それとも終末論についての論争だろうか?東アジアではこの論争は、救済論、つまり救いの教理についての論争だった。なぜなら、問題提起者らは、張在亨牧師と彼に関連していると主張されている人々を「張在亨牧師が再臨主であり、イエス・キリストを信じる代わりに張在亨牧師を信じている、という統一協会に類似した教えを信奉している」と非難したからだ。

これが偽りの非難であるということを、韓国基督教総連合会の調査と韓国の刑事裁判において、張在亨牧師とクリスチャントゥデイが暴露した。崔三更牧師、山谷真少佐、楊子聰氏らはそれぞれ自分の国で「張在亨牧師と彼に関連していると主張されている人々がイエス・キリストを信じておらず、代わりに再臨主説を信じている」という嫌疑追求の先鋒に立った3人の個人だ。すでに、彼らの非難は一様に信憑性を失っているし、これについての文書は豊富に存在している。アメリカにおいてなされた非難は、終末論の論争に形を変えた。

オリベット大学の中に、またオリベット大学の卒業生の中にも誰一人として再臨主説を信じる者はいなかった。CTの記事の中で匿名の情報源となった人物でさえ、張在亨牧師がイエス・キリストを神のひとり子として信じていることに異論はなかった。

この非難は救済論についてのものではなく、終末論についてのものだとするために、変更された。アメリカでなされた非難は、ある個人らや団体らが、「イエス・キリストを救い主であると信じる」が、それと同時に、「張在亨牧師をイエスの地上での使命を果たす再臨主と信じる」というものだ。両方を信じることは矛盾している。

再臨主説に同意するには十字架が失敗であったと信じることが要求される。神学者らによると、再臨主を信じるには、キリストの働きが十字架の上で完了したことを信じる信仰を別のものに置き換えなければならないという。それら2つの信仰は共存できない。

CTは東アジアでの非難とアメリカでの非難をごちゃ混ぜにし、それを非難を行なっている人物らがあたかも同一の非難を行なっているかのようにした。東アジアにおいて、問題提起者らは張在亨牧師を再臨主に結びつけ、彼がイエス・キリストと十字架の勝利を信じていないと非難した。しかしアメリカにおいては、問題提起者らは張在亨牧師と、彼に関係していると主張されている団体らが、イエス・キリストを信じ、イエス・キリストの働きが完了したことを信じていることを認めている。CTは「張在亨牧師が、十字架が失敗だったと信じている」と主張する問題提起者と「張在亨牧師が、十字架が勝利だった」と主張する問題提起者をごちゃまぜにして、あたかも両者が同一の問題を提起しているかのようにしている。統一協会を利用して福音主義者を攻撃する試みは問題提起を受けた人々がイエス・キリストを信じており、十字架が勝利だと信じることの証拠が現れた後に失敗した。

オリベット大学の信仰告白には「イエス・キリストの流された血を通して、行いではなく信仰によって、失われた罪深き人間が救われること、聖霊によって新しく生まれることを信じる」と記されている。その信仰告白にはオリベット大学が、他の誰でもなく、主イエス・キリストご自身が、栄光と力の中で再び来られることを信じ、また教えると記されている。CPの調査によると、オリベット大学はイエス・キリストの働きが完了したと信じており、他の福音はなく、救いには他にいかなる道もないとを信じている。

地上での使命について、オリベット大学はイエスが他の誰かに置き換えられたなどとは信じていないし、教えてもいない。しかしオリベット大学は信仰告白で述べている通り、終わりの日に、福音が地の果てまで宣べ伝えられたとき、天に昇ったときと同じようにナザレのイエス・キリストが栄光の中で再び来られると信じ、教えている。「ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。(マタイ24章36節)」しかし、「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。(使徒の働き1章11節)」と書かれている通りだ。

Evangelical Assembly of Presbyterian Churches in America (EAPCA) 書記のアンソニー・チュウ牧師はCPに対して「それで、いったい何が『論争』されているのだろうか?救済論と終末論の中において明確な信仰があるというのに。もし何か意見の対立があるとすればそれは聖書解釈の方法論についてだ。そして、この問題には全員の関わる問題ではないし、全体的なものでもない。それは部分的なことであり、誤解した数人の人の間で起こったことだ」と最近語った。

チュウ牧師は永遠の福音と歴史講義について、「私たちはすでに救われたが、まだなされていないことがある。それはナザレのイエス・キリストが再び来られるまでの合間だ。しかし、『もうすでに』と『まだ』の間の期間で、携挙が今すぐ起こると信じる過激なグループがある。だから私たちは教えの中でもっとバランスをとる必要がある」と説明した。「私たちは神の国について、からし種のように育ち、大きな木になるようなものだと教えた。ヨハネの福音書21章にあるとおり、私たちは、主への愛をもって羊を牧し、飼うようにと教えた。」

チュウ牧師は多様な聴衆の中で誤解する人が生じる可能性もありうると説明した。しかし、個人的な憎しみや動機から非難を始めた人々がいるかもしれない。しかし、教会は罪人の共同体であり、教会の中で問題が起こることはあり得る。「基本は健全であるし、異端ではない。しかし、ある人々がごちゃ混ぜにしたり、でっち上げたりした。第一ペテロの手紙3章15節にあるとおり、『あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をし』ている。しかし、私たちはこれをするときに柔和さを持ち、相手に敬意を払う。しかし、捏造して妨害する者、もしそのようなことをする者がいれば、その人は悔い改め、謝罪しなければならない。」

チュウ牧師は最後に「私たちは、我等の主イエス・キリストを信じる。イエス・キリストは、神の御姿であられる方なのに人間と同じようになられたと信じる。イエス・キリストがおとめマリアより生まれたことを信じる。イエス・キリストが人として生きたとき、罪なく生きたことを信じる。イエス・キリストが神によって奇跡を起こしたことを信じる。イエス・キリストの身代わりの死、贖いの死を信じる。イエス・キリストが体をもって復活したと信じる。イエス・キリストが昇天されたことを信じる。イエス・キリストの仲介者としての働きを信じる。そして、イエス・キリストが力と栄えの中で再び来られることを信じる」と述べた。

(1) 「再臨主論争」の情報源、精査に直面
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/blog-post_28.html

(2)アジアで広範な疑惑を受けている情報源を引用したクリスチャニティ・トゥデイ
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/2.html

(3)山谷真:「サイバーテロリスト」のブロガー
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/3.html

(4)崔三更:「異端捏造者であり、なおかつ異端者」
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/4.html

(5)匿名の情報源
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/5.html

(6)「張在亨牧師論争」なのか?―間違った呼称
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/6.html

(7) クリスチャンポスト編集者らからのメッセージ
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/7.html

2012年9月4日火曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(6)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

「張在亨牧師論争」なのか?―間違った呼称

「張在亨牧師本人が自分自身を再臨のキリストだと教えた、もしくは主張した」と主張する人物からの引用はCTの記事には含まれていない。張在亨牧師は何度も、イエス・キリストを自分の救い主だと信じており、イエス・キリストを通して自分の罪が許された、と告白してきた。

張在亨牧師牧師の信仰告白は韓国クリスチャントゥデイに掲載され、以下のように記してある:

イエス・キリストの恵みによって、私はイエス・キリストを唯一の救い主として受け入れ、私は罪を許されてから、私はイエス・キリストを信じる信仰を決して捨てたことはありません。また、私は決して、イエス・キリストの福音以外の他の福音を宣べ伝えたことがありませんし、ましてや、私は自分をキリストと教えたことなど決してありません。

Evangelical Assembly of Presbyterian Churches in America (EAPCA) の書記であるアンソニー・チュウ牧師はクリスチャンポストに対して「一つだけ確かなことがある。そしてそれにはすべての人が同意している。張在亨牧師は、決して自分が再臨のキリストだと教えもしなかったし、主張しもしなかったということだ」と述べた。チュウ牧師は中国系アメリカ人の牧師であり、東アジアで生じた事態について研究していた。チュウ牧師は「しかし、彼を非難する人物らは張在亨牧師に従う人々がそのようなことを信じているのだと主張している。どうしてそのようなことがあり得ようか?私は今だに信憑性のある説明を聞いたことがない」と語った。

さらに、チュウ牧師は「もう一つの問題は、もし誰かが、『私は十字架の勝利と救い主イエス・キリストを信じる』と言うとして、どうやって他の人が、『彼はそれを信じていない』と言えるだろうか?同様に、もし誰かが『私は張在亨牧師は再臨のキリストと告白していない』と言うなら、どうして他の人が『彼はそう告白した』と言えるだろうか?それは、その人の良心の自由と基本的な人権を犯すことだ。どのようにして、誰かが他の人が何を信じており何を信じていないのかについて決めることができるのだろうか?」と述べた。

(7) クリスチャンポスト編集者らからのメッセージ
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/7.html

2012年9月3日月曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(5)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

匿名の情報源

CTはアメリカと中国から匿名の情報源となった人物らの言葉を引用した。これらの人物らは匿名であるにもかかわらず、かつてオリベット大学と関係を持つ団体や会社で「先輩の立場」にいた証拠を提供したと記されている。東アジアにおいて情報源として公に名前を出した人物らは全て、発言に信用を失った人物らだ。CTが匿名の情報源を用いることに対して、Holy Bible Societyのベイ氏は「顔のない人々にどのように対応すればいいのか?マタイ18章15節から17節を見ると、もし兄弟が間違いを犯したら教会に言えと書いてある。そして、ダビデ張が教会の協議会に行ったとき、彼を避難する主張は、根拠のないものだと見出された。なぜ、匿名の情報源となった人物らはこれを教会の前に持って来ずに、その代わりに後ろに隠れているのか?」と述べた。

特筆すべきことに問題となっているCTの記事の共同執筆者であるケン・スミス氏は「スミス氏の得た『オリベット内部者』や匿名の情報源となった人物らは、一人のオリベット大学の関係者らからも、張在亨牧師を再臨のキリストだとする信仰告白を直接聞いたことはない」と認めている。オリベット大学の学生部長であるナタナエル・トラン氏は「ケン・スミス氏はアンドュー・リン氏に関して、『内部者』とスミス氏が呼ぶ二人の人物による虚偽の主張をフェイスブック上に書き込んだが、伝聞にすぎなかったため後にスミス氏は書き込みを削除した。クリスチャニティ・トゥデイの記事が書かれた時、スミス氏がやったのと同じようにアメリカの人々の『信仰告白』について間接的な情報に頼ったのでは、と私は強く疑っている」と語った。

以下はケン・スミス氏がアンドュー・リン氏の弁護士に送ったEメール:

これは2012年7月20日にあなたがした連絡したへの返事です。この連絡の中であなたは私に4月19日に私が作成したフェイスブックの投稿を削除するように要求しました。この投稿は、ダビデ張に関してアンドュー・リン氏が行ったと推定される告白についてのものでした。私はその主張をその団体の中の2人の異なる情報源となった人物らが私に話したことに基いて誠意をもって作成しました。しかし、さらなる協議の上、私はどのようにして、彼らがその特定の事項を信じるようになったのかに関するさらなる詳細を知るようになりました。私には彼らがそのように信じるようになった理由が何であれ、彼らが私に対して話したことはやはり、大部分が間接的なな情報にもとづいており、直接の情報には基いていないことが分かるようになりました。私は主張をするときにこの重大な警告を含めることを怠っていました。私はそのときは気づいていませんでした。そのため私の弁護士の助言の上で、私はその特定のフェイスブックへの投稿を削除しました。

ケン・スミスより

CTは「この問題について話すことによって『情報源となった人物らが報復に直面する』ことに対する証拠を発見した」ので、情報源を匿名にすることが許されると主張した。しかし、CTは起こりうるとされる報復を示す「証拠」を立証しなかった。そして、東アジアで起こったそれぞれの事件において、張在亨牧師や、張在亨牧師に関連していると主張されている団体らが報復したことを示す証拠は存在したことがない。

(追記)この記事が公表されたことによって、CTは匿名の情報源となった人物のうち一人によってなされた張在亨牧師を再臨のキリストとする信仰に関して大幅に記事の内容を訂正した。訂正された記事は元の記事とは反対の内容であった。

元の記事:
事実、そのメンバーはその結論に至り一度はそれを受け入れ、彼もまた張在亨牧師を再臨のキリストと信じた。

訂正された記事:
事実、そのメンバーは「自分は張在亨牧師が再臨のキリストであるとは信じたことも告白したこともまったくなかったが、張在亨牧師が『終末論的に重要な人物』の一人である可能性があると一度信じたことならある」と言った。

ケン・スミス氏は2011年9月25日のブログ投稿に以下のように記していた。

「私はオリベット大学に腹がたった。そして、私は私が見つけた悪いことが実際よりももっと悪いことになってほしいと、ものすごく願った。そして、私が見つけた良いことが実際よりも良いものでなくなってほしいと、ものすごく願った。私は罪を負わせることのできるような情報を見つけたら、どんなものであろうと盛り込みたかった。たとい、それが真実でなさそうに思えたとしても。そして、私はオリベット大学の人々の潔白を証明するような情報はどんなものでも除外したかった。。。手短に言えば、私は正しい者になりたかった。そして、私はむしろ、他の人達にオリベット大学が間違っているのだと確信させるために不適切なまでに行き過ぎたことをしたかった。しかし一番悪かった行いは、これらの自分の行動を素直に認めず、逆にこれらの行動をさらに頻繁に実行しようとしたことだ。」

(続く)

(6)「張在亨牧師論争」なのか?―間違った呼称
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/6.html

2012年8月31日金曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(4)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

崔三更:「異端捏造者であり、なおかつ異端者」

韓国の崔三更牧師はクリスチャニティ・トゥデイが主要な情報源とする人物のうちの別の一人だ。崔三更牧師の発言は韓国基督教総連合会を始めとする韓国の多くの福音主義のキリスト教指導者らから「信頼出来ない」とされている。韓国基督教総連合会が張在亨牧師に対する調査を行なっていた期間、崔三更牧師は韓国基督教総連合会の異端似非対策委員会の副委員長を務めていた。しかし、崔三更牧師自身が異端である神学と信仰を持っていることが露見したため、2010年に崔三更牧師は韓国基督教総連合会を追放された。それから1年後に韓国基督教総連合会は、崔三更牧師が韓国教会の歴史上「最悪の異端」であるとの声明文を出した。声明文には韓国基督教総連合会の50の会員教団が署名をした。署名した教団らの中には韓国最大の教団である大韓イエス教長老会(合同)もあった。声明文には崔三更牧師が、三神論と月経胎孕論の異端信仰を持っていると記された。

合計して4回、崔三更牧師は張在亨牧師に対する追求を主導し、韓国基督教総連合会による調査の結果4回とも嫌疑無しとなった。韓国基督教総連合会は張在亨牧師を2回に渡って調査し、統一協会とは全く関係がないと結論した。また、これとは別に韓国基督教総連合会は張在亨牧師の再臨主疑惑について2回調査して嫌疑なしと結論した。崔三更牧師は韓国基督教総連合会の異端似非対策委員会の副委員長として調査をした結果、再調査を含むすべての調査において、張在亨牧師を異端だとするいかなる証拠も見出すことができなかった。

CTはNews N Joyを引用し、張在亨牧師が過去統一協会と関係し、韓国の聖化神学校で統一神学を教えたと主張した。張在亨牧師が現在会長を務めるHoly Bible Society (HBS) のスポークスパーソンのフィリップ・ベイ氏は、これらの主張を明確に否定した。ベイ氏はクリスチャンポストに向けて張在亨牧師が統一協会の運営する学校で統一神学を教えたことなど決してないと説明した。「張在亨牧師が1989年に統一神学を教えたなどということはあり得ない。1989年には聖化神学校はメソジストの神学校であった。」とベイ氏は述べた。ベイ氏によるとCTは情報源のNews N Joyが事実を歪曲していることを知らされていたにもかかわらず、CTの記事を書いた人物らがHBSによる回答を意図的に省いたと語った。

例として、ベイ氏はNews N Joyの記事で引用されている張在亨牧師の発言が、文脈を無視し、極めて歪曲されていると指摘した。「クリスチャニティ・トゥデイがこれらの主張をするために、News N Joyという親北朝鮮性向の新聞を情報源として依存している事実を見るとき、クリスチャニティ・トゥデイの客観性に疑問を抱かないでいることは難しい。」とベイ氏は述べた。ベイ氏は張在亨牧師は韓国基督教総連合会の創立時の加盟教団の一つの長老派の教団で、総主事と代表を務めていたという事実により、張在亨牧師の正統性は確認される、と加えた。

さらに、韓国基督教総連合会はクリスチャンポストに対して声明を出し、CTの記事で述べられている崔三更牧師の発言を否定した。崔三更牧師は「ある総会の理事会」で韓国基督教総連合会の報告が拒否されたと主張した。韓国基督教総連合会はこれは全くの虚偽であると述べた。韓国基督教総連合会会長のホン・ジェチョル牧師は、米州韓人基督教総連合会の2012年6月の総会で、「張在亨牧師は異端ではない。この問題は終結した。歴代会長の任期中6代にわたって、全ての期間でこれは宣言されたことであり、完全に終わった問題である。」と述べた。韓国基督教総連合会はクリスチャンポストに対して会長と総主事の名義で「4度の調査の結果張在亨牧師に対する疑惑が嫌疑無しとされたという声明を送った。韓国基督教総連合会の総会で提出された年次報告書には、崔三更によって提起されたは疑惑は全てまったく根拠がなく嫌疑無しであると記されていた。

また、韓国基督教総連合会は20以上の教団が韓基総から脱退して新しく韓国教会連合(韓教連)と呼ばれる団体というを形成し、張在亨牧師に対する調査を企図しているとする崔三更牧師の主張を否定した。韓国基督教総連合会がクリスチャンポストに送付した声明には、「この問題のために韓国基督教総連合会を脱退した教団は存在しない。もしそうであれば、韓基総は会員数が減っているはずであるが、71の教団が韓基総の会員のままである。クリスチャニティ・トゥデイが、韓国基督教総連合会によるこの問題への決定の信用を傷つけ、崔三更牧師にあたかも信頼性があるかのように主張するのはなぜなのかと困惑している。おそらくクリスチャニティ・トゥデイは月経胎孕論を含む崔三更牧師のもつ重大な異端信仰について、十分深い洞察を得ていなかったのだろう。これらの異端信仰はキリスト者の信仰の基本を致命的に毀損したものである。韓国基督教総連合会はクリスチャニティ・トゥデイに対し、これに関する韓基総の調査結果を閲覧するよう奨励する」と記されていた。

(続く)

(5)匿名の情報源
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/09/5.html

2012年8月30日木曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(3)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

山谷真:「サイバーテロリスト」のブロガー

クリスチャニティ・トゥデイ(CT)は記事の一部として日本の東京で救世軍に勤務する山谷真少佐という人物にもインタビューを行った。山谷真少佐は日本クリスチャントゥデイを非難するブログを運営している。日本クリスチャントゥデイ記者の井手北斗氏は自身のブログで、山谷真少佐が張在亨牧師だけでなく海外から日本を訪れた宣教師らをもブログを使って非難する「サイバーテロリスト」として悪名高く知られていると述べた。CTによると山谷真少佐は日本語で書かれた一連の聖書講義のノートを持っているという。山谷真少佐は北村宗範氏の両親によってノートのことを知るようになったと述べた。北村氏の両親は息子に対して教会を離れるよう説得した後、息子の行方がわからなくなったと言ったという。

ノートの所有者として名乗り出ている北村氏は、自身の個人ブログである「ムネの日記」で一連の出来事について説明している。北村氏は山谷真少佐がブログで行なっている主張が間違っており、再臨主の問題は山谷真少佐によって捏造されたと述べている。北村氏によると、山谷真少佐は、「北村氏が張在亨牧師を再臨のキリストだと信じている」と非難したが、北村氏は強くこれを否定した。北村氏は山谷真少佐に対応して、救いはイエス・キリストによるものであること、ナザレのイエスが来られることを待ち望んでいるという自らの信仰の告白を公開し、掲載している。

北村氏が明確にイエス・キリストを信じる信仰を主張し、張在亨牧師を再臨のキリストと信じていないと否定したにもかかわらず、山谷真少佐は北村氏の信仰告白が嘘であると主張した。北村氏によると、山谷真少佐は北村氏に対して執拗に張在亨牧師を再臨のキリストとして信じると認めさせようと圧力をかけたという。北村氏は「私はナザレのイエス・キリストだけを信じると明確に告白したが、山谷真少佐は私の告白を受け入れようとしなかった。」とクリスチャンポストに語った。

2008年5月28日付けのブログ投稿の中で、北村氏は、山谷真少佐が北村氏の両親に対して、息子がカルトに属していると語ったと述べている。同じ投稿の中で、北村氏は山谷真少佐とその加担者は親心を利用し、誤解を植えつけ、北村氏の教会を攻撃するための道具として使ったと語っている。北村氏は「自分をクリスチャンだと告白する人物が親と子の関係を引き裂こうとするなど、信じがたいことだ。これはエゴイスティックで恐ろしい行いだ。」と書いている。北村氏は両親が山谷真少佐によって変わってしまい、山谷真少佐の側に付くようになったとブログで述べた。

山谷真少佐はまた、日本クリスチャントゥデイも張在亨牧師を再臨のキリストだと信じていると主張した。井手氏によると、日本クリスチャントゥデイは山谷真少佐にそのような中傷を止めるよう依頼したが、山谷真少佐はこれを拒否したという。そのため、日本クリスチャントゥデイはこの問題を山谷真少佐の上司である救世軍の太田晴久少佐に持ち出し、山谷真少佐による中傷行為を止めさせるよう依頼した。双方の言い分を聞いた後、太田少佐は日本クリスチャントゥデイが、イエス・キリストを信じており、張在亨牧師を再臨のキリストとして信じていないという信仰告白を公開すれば、日本クリスチャントゥデイが異端ではないとする声明を出すと同意した。

日本クリスチャントゥデイはその信仰告白を掲載し、太田少佐は「クリスチャントゥデイが張ダビデ牧師を再臨のキリストとして信じる信仰を持っているのではないかという疑惑について、クリスチャントゥデイの信仰告白の発表により、そのような信仰がないことを確認し、この疑惑は解消したと理解した。」とする声明を日本クリスチャントゥデイと共同で2007年6月27日に発表した。

太田少佐が日本クリスチャントゥデイに対する疑惑を解消したにもかかわらず、山谷真少佐は日本クリスチャントゥデイへの中傷を継続した。井手氏によると山谷真少佐はさらに、2ちゃんねるという、匿名のヘイトスピーチの掲示板サイトに中傷を拡散させたという。山谷真少佐が畏友と呼ぶ協力者に対し、日本クリスチャントゥデイがインターネット上で、日本クリスチャントゥデイに対する中傷を行なって山谷真少佐を助けているのかを質問したとき、その協力者は大胆にも「それは俺がやった」と答えた。日本救世軍は録音されたその通話を聞いた後、日本クリスチャントゥデイに対する脅迫と嫌がらせの故に山谷真少佐の協力者を解雇し、追放した。

この後、日本クリスチャントゥデイによって福音主義のキリスト教メディア市場で競合するクリスチャン新聞が山谷真少佐と協働して組織的に中傷を行なっている事実が露見した。井手氏によると日本クリスチャントゥデイがインターネット版に加えて印刷版の始めた2004年に、クリスチャン新聞はクリスチャントゥデイに対する加害行為を始めたという。井手氏は、それまでは日本には福音主義の新聞はクリスチャン新聞しかなかったため市場シェアを失うことを恐れたのではないかと述べた。2004年6月17日、クリスチャン新聞の根田祥一編集長の主導のもと、日本福音同盟(JEA)の二人の人物らは、張在亨牧師に関する短い文章を配布した。この文章はNews N Joyという親北朝鮮性向の新聞の記事に基いていた。クリスチャンポストはこの文章を取得した。この文章には、「韓国クリスチャントゥデイの常任理事である張在亨牧師が現在統一協会の核心メンバーである」と書かれていたが、これらの情報は法廷と、教団の連合体の両方において虚偽であることが後に判明している。この文章の最後には「クリスチャン新聞提供」と記されていた。

この文章は、JEAの公式レターヘッドが用いられてたが、この文章が厳密にJEAの公式な声明だと捉えられるかどうかについては、疑問が残る。井手氏によると、この文章を配布するか否かについて事前にJEAの理事会で審議し決議された事実はなく、これはJEAの規約に違反しているという。この文章を受け取ったJEAの会員教団らの一つが日本救世軍であった。山谷真少佐は日本救世軍からこの文章を受け取り、次の日にその内容を自分のウェブサイトに掲載した。日本クリスチャントゥデイはJEAも、根田氏もNews N Joyの内容の真偽についてクリスチャントゥデイに問い合わせることがなかったと述べた。根田氏は稚拙な事実調査によって報道倫理を犯したと、井手氏は述べた。

韓国基督教総連合会は張在亨牧師が統一協会とは無関係であるという調査結果を2回出したが、JEAは韓国基督教総連合会の調査結果を加盟教団に送付することはなかった。井手氏によると、クリスチャン新聞と山谷真少佐は虚偽の報道に対する謝罪をいまだにしないでいるという。CTによると、山谷真少佐は韓国基督教総連合会の報告書を認めず、北京の海淀教会、韓国の大韓イエス教長老会(統合)、大韓イエス教長老会(高神)が張在亨牧師に関連する団体と関係を切ったと主張した。しかし、クリスチャンポストが確認をとったところ、これらの主張は虚偽で、いずれの関係も断絶されたことはなかった。

井手氏はこの背景について日本クリスチャントゥデイを攻撃するために、根田氏と山谷真少佐が共謀していると説明した。日本クリスチャントゥデイ、張在亨牧師、そして他の福音主義のキリスト教団体を「一体」にするために山谷真少佐は「ダビデアン」という差別用語を造語したと井手氏は述べた。「根田氏と山谷真少佐が『ダビデアン』として全てを一括りにした理由ですが、クリスチャン新聞は日本クリスチャントゥデイと競争してもかなわないため、異端疑惑を追求されている団体と日本クリスチャントゥデイを関連付けて攻撃しやすい状況におこうとしたということです」と井手氏は語った。日本では、山谷真少佐は名誉毀損のために裁判で告訴された。日本クリスチャントゥデイは、韓国での判決と同様になると予想している。韓国では、それらの団体らを一括りにして異端教義を教えているとする主張が名誉毀損であるという判決がすでに出された。

(続く)

(4)崔三更:「異端捏造者であり、なおかつ異端者」
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/4.html

2012年8月29日水曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(2)

2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

アジアで広範な疑惑を受けている情報源を引用したCT

福音主義キリスト教界の指導者らの間では、公に入手できる情報であるにもかかわらずCTの記事には欠落しているものがあり、情報源となった証言に対して疑惑が提起されている。これらの情報には、情報源となった人物らの悪質なカルト、異端信仰、政治的動機や市場占有の動機、主要な情報源となっている人物の主張に対しての家族による反論などが含まれる。

「彼女が証言したすべてのものは、すべて偽りだった」

CTの記事のほとんどは、マ・リー(Ma Li)という人物の主張の引用だ。中国イエス青年会(YD)の「元メンバー」だと主張した彼女は、張牧師を「再臨主」と信じるという教えを受けたと主張した。

YDのスポークスマンであるレイチェル・チェン氏(Rachel Cheung)はクリスチャンポストに対する声明の中でこれに応答し、彼女の主張が「全くの嘘」であると述べた。香港でなされたYDに対する調査の中で、マ氏はYDの元メンバーであり、彼女と他のYDメンバーらがイエスが失敗し、十字架が失敗であり、張氏がイエスの使命を完成する「再臨主」であると主張した。彼女の主張に応じ、彼女の元夫であるシャンハオ・ヤン(Shuang Hao Yang)氏は、「彼女が言ったことはすべて嘘」と話した。

夫であるヤン氏は証言の中でマ氏がYDのメンバーであったと嘘をついていると指摘した。「明確に、マはYDのメンバーでなかった」とヤン氏は述べた。クリスチャンポストも、彼女が一度もYDのメンバーになったことがないことを確認した。ヤン氏の証言によると、上海で通っていた家庭教会から受けた教えは香港の調査委員会における彼女の証言を立証するものではないという。ヤン氏は「私は彼女の家の教会に通っていた。そこでは誰かを『再臨主』とするような教えはされていなかった。その教会で私は、私たちが神の身元に来るためために、私たち罪人はイエスの十字架による贖いを通してのみ、罪を清められることができると教えられた。それならば、どうして私たちが十字架を失敗だということができようか?」と述べた。

チェン氏によると、過酸化水素水を飲むことで罪を清めるという中国の異端であるシオン教会の元核心メンバーである楊子聰氏が、マに対してYDに敵対する証言をするように教唆したという。YDによると楊子聰氏は同異端グループの宗教指導者のボディーガードを務めており、マ氏が上海の家の教会に通っているときにマ氏に接触したという。

楊子聰氏がマ氏を説得しイエス青年会に対して、「自分が元メンバーでありその集いが統一協会と類似している」という偽りの証言をさせたとチェン氏は述べた。マ氏の元夫のヤン氏の証言によると、マ氏は自分の通っていた家の教会に対して苦い思いを抱いており、解決されていない「憎しみ」の故にいまの行動に至ったという。また、チェン氏の指摘によると楊子聰氏による非難は、張在亨牧師を非難する山谷真という名前の日本のブロガーが元となっているという。山谷真の資料の多くが楊子聰氏のブログ上で中国語に翻訳されている。

香港と中国のYDのメンバーらの証言によると楊子聰氏はYDを異端に仕立て上げるためにどんなことでもしたという。YDのメンバーらはYDを破壊するための動きの一部として、資料を捏造し、偽りの証人を立てたという。ヤン氏は「私が心配していることは、マ・リーが悪い目的を持った人々に利用され、このような証言をするので誰かに利用され、彼女がもっと大きな被害を受けるのか心配だ。私は神様の強い御手が彼女を導き、彼女の傷ついた心を癒し、彼女を利用した人々が彼女を放っておくように祈ることしかできない。」と述べた。

これに加え、ある信頼できる情報源によると、楊子聰氏によるYDへの攻撃はゴスペルヘラルドを破壊しようとするより大きな企てであることがわかった。ゴスペルヘラルドは香港における最大のキリスト教の新聞であり、YDのメンバーも雇用しているという。情報源の人物らは、楊子聰氏は国際グレートコミッション・センター会長の王永信牧師から資料の提供を受けていると述べた。王永信牧師は中国家庭教会の熱烈な支持者で、ゴスペルヘラルド名誉顧問を務めていたが、中国政府の拘束を受けている三自愛国教会が開催した聖書展示会をゴスペルヘラルドが記事として取り上げた後、ゴスペルヘラルドとの関係を絶った。

チェン氏は、楊子聰氏が山谷真のブログの資料を利用しYDに対する非難を誇大化させたと述べた。楊子聰氏によってコピーされた資料は韓基総の異端似非対策委員会の元副委員長である崔三更牧師と連携した韓国の荒野の声新聞によって繰り返し印刷、配布された。崔三更牧師は韓国で張在亨牧師に対する調査を主導した人物だ。荒野の声新聞が配布した情報による主張は、韓国クリスチャントゥデイが荒野の声新聞を告訴し、勝訴したため、虚偽であることが明らかになった。

荒野の声新聞が出版した香港の調査団が出した声明は、イエス青年会が「(1)イエスが初めに地に来たことは失敗であり、(2)彼らの牧師が『再臨主』もしくは『再臨のキリスト』である、という統一協会に類似した教理を教えていた、という強い可能性を排除することができなかった」というものであった。

韓国での刑事裁判では、荒野の声新聞に対して「ある個人(張在亨牧師)が『ダビデアン』団体らを支配しているという主張、またそれらの団体が張在亨牧師を『再臨のキリスト』だと信じているという主張」が名誉毀損罪であるとして、有罪判決が下った。裁判所は荒野の声新聞がその主張を出版することによってそれらの団体に危害を加えることを意図した、とした。


同刑事裁判の判決によって、荒野の声新聞の発行人には罰金もしくは懲役が課せられることとなった。韓国クリスチャントゥデイ(韓国では宗教の新聞らのなかでは読者数が最も多い)は現在荒野の声新聞と、同新聞と同様の主張を掲載した各種メディアに対する民事訴訟を準備している。韓国クリスチャントゥデイの弁護士は数百万ドルの補償を要する被害だと予想しているという。

(続く)

(3)山谷真:「サイバーテロリスト」のブロガー
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/3.html

2012年8月28日火曜日

「再臨主論争」の情報源、精査に直面(1)


2012年8月17日付けの米クリスチャン・ポストの記事を紹介します。原文は"Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny”です。
http://www.christianpost.com/news/olivet-university-sources-in-second-coming-christ-controversy-face-scrutiny-80176/

「再臨主論争」の情報源、精査に直面

クリスチャニティ・トゥデイ(CT)が、アジアで十年前にあった張氏に関する「再臨主論争」をアメリカで再燃させようと、記事を公表したことをきっかけに、アメリカと韓国の福音主義のキリスト教指導者らがオリベット大学と大学設立者の張在享牧師の周りに集まっている。これまで張氏に対してなされた主張はすべて虚偽として却下された。


韓国基督教総連合会(韓基総)は張在享牧師の統一協会前歴疑惑に対して、2回嫌疑無しと決議した。また、韓基総は二度にわたり提起された「再臨主疑惑」に対しても、嫌疑無しと決議した。この主張は以前韓基総の異端似非対策委員会の副委員長であり、韓国の福音主義キリスト教界で信用のない崔三更牧師によって作り出されたものだ。

韓基総はクリスチャン・ポストに送った声明の中で「CTが異端の主張を聞き、世界中で福音主義の指導者らの団体を攻撃していることに驚愕を禁じえなかったし、心が痛むとし」、 「異端を捏造し、異端であると宣言された崔三更牧師がCTの情報源として、他の団体や個人に異端のレッテルを貼るために使われていることは、道理に外れている」と述べた。

韓基総によると、崔三更牧師は異端似非対策委員会に属していた当時、福音主義のキリスト教指導者と教会を無分別に異端として非難した。崔三更牧師は「異端対策調査」の名目で複数の教会に金品を要求し、受け取っていた。

張在享牧師が設立した韓国クリスチャントゥデイの調査によると、崔三更牧師に金品を渡すことを拒んだ複数の教会は異端であると規定された。韓国クリスチャントゥデイの調査により、崔三更牧師が左翼活動家の前歴があり、戦闘的な解放の神学を実践する「都市産業宣教」に属していたことが明らかになっている。

このような時に論争が米国で再び提起された中心には、「ライフウェイ・クリスチャン・リソース」がニューメキシコ州サンタフェにある約2100エーカーのグロリエッタ・カンファレンス・センターをオリベット大学に売買する決定をしていたことがある。この物件の売買条件として、「神学的互換性」の検証が行われていた。この検証作業をしている期間中、クリスチャニティ・トゥデイがオリベット大学とその創立者の張牧師に対していわゆる「再臨主」論争を報じた。

CTは記事中で、張牧師をアジアと米国の福音主義のキリスト教界で次第に影響力をもちつつある人物として紹介し、「オリベット・ムーブメント」に関する人の中に張牧師を再臨主だと信じる人がいると、匿名で主張する人が数人いるとした。再臨主という単語は異端用語で、統一協会で用いられており、キリストの十字架の死は失敗であり、再臨主がイエスの始めた働きを完成する必要があるということを前提とした語だ。

クリスチャンポストはオリベット大学と関連があるという理由で、その主張の中に組み入れられている。張氏とクリスチャンポストが直接の関わりがあるとは述べられていない。クリスチャンポストを創立したのはオリベット大学の他、カリフォルニア大学バークレー校や他のカリフォルニア州の大学生クリスチャンらだ。

これに対し、CTの記事で言及されたオリベット大学のリーダーらと他の福音主義のキリスト教団体は、CTの記事の情報源の信頼性に疑問を提起している。

米国南部バプテスト連盟派遣宣教師として30年以上奉仕し、現在オリベット大学の総長とクリスチャンポストの会長を務めるウィリアム·ワグナー博士は以下のように語った。「初めてオリベット大学に来てほしいという要請を受けたときは、大学の神学的妥当性に対して懸念を持ち、広範な研究を行った。当時オリベット大学に対して批判的であったインターネット上の記事は全て読んだ。香港に直接訪ねて行って、調査委員会の人々に会いもした。私は異端あるいは誤った神学をもったところと関係を結ばないことを確実にしたかった。自分で詳細な研究を進めた後、オリベット大学の目的が世界宣教にあり、彼らは宣教的であり、福音主義的であり、救い主であられるキリスト・イエスへの深い愛を持っていると、私は十分に確信した。このような確信があったため、オリベット大学のリーダーを過去数年間良い感情で務めることができたし、良い感情でオリベット大学に関係した他のグループとも共に働きをすることができた。」

世界福音同盟(WEA)の最高経営責任者、ジェフ・タニクリフ博士は次のような声明を出した。「私はWEAの会員であるオリベット大学と過去7年間近く働いて、彼らの福音主義が正統であると全面的に支持すると、躊躇せずに(unreservedly)言いたい。これに加え、張在享牧師が神学的に正統であることを表明する。私は張在享牧師と過去数年間、何度もお互いの神学を議論し、多くの時間を共にしたが、これにより彼のキリストに向けた深い献身と聖書の福音主義的な理解に疑問を持ったことがない。」と明らかにした。

ニューヨーク神学校の校長であり、オリベット大学教授、ニューヨーク・インマヌエル・コミュニティ教会の主任牧師であるポール・ディブリス牧師は次のように語った。「少数の人々が文鮮明と張在享牧師を混同して、張牧師が自分を再臨主だと主張しているかのように混乱したようだ。(外国から見れば)おそらく全ての韓国人は同じようなものに見えるかもしれない、しかしそのような考えは偏狭な排外主義(jingoism)であり、良くないジャーナリズムだ。なぜケン・スミス牧師(今回の記事のために雇われたブロガー)は、これほどの無知をプロパガンダすることに引きこまれているのだろうか?」

クリスチャンポストの編集主幹であり、米南部バプテスト連盟宗教・倫理と自由委員会の委員長であるリチャード・ランド博士はCTの記事に対して以下のように述べた。「クリスチャンポストのリーダーたちとの出会いを通じて私は彼らが情熱を持った忠実なキリストの弟子であり、新しいメディアを用いて、福音を新しい世代に伝えようとしていることを知った。そして、クリスチャン・ポストとの関係を持った期間の間、私が経験したのは彼らのキリスト教的、福音主義的な大宣教命令への情熱を確認する肯定的なものだけだ。」

ランド博士は「影響力のある北米ニュースメディアであるクリスチャンポストが米国で最大のプロテスタント教団である南部バプテスト連盟と協力をもししないということがあれば、おかしいのではないか。それは実におかしい戦略になるだろう。」と述べ、クリスチャンポストが南部バプテスト連盟の指導者らのうち数人と、顧問やコラムニストとして緊密に協力していることを明かした。

(続く)

(2)アジアで広範な疑惑を受けている情報源を引用したクリスチャニティ・トゥデイ
http://nehemiaharchives.blogspot.com/2012/08/2.html

2012年7月26日木曜日

クリスチャントゥデイ 弁護士を交代

クリスチャントゥデイが山谷氏に対する裁判の弁護士を交代しました。新しい弁護士は森・濱田松本法律事務所の飯田耕一郎弁護士です。

2012年7月12日木曜日

ホン・ジェチョル代表会長が語る韓国基督教総連合会事態の顛末

2012年7月12日付けの韓国基督日報の記事を紹介します。原文は”홍재철 대표회장이 말하는 한기총 사태의 전말”です。http://ny.christianitydaily.com/view.htm?code=cg&id=191289

ホン・ジェチョル代表会長が語る韓国基督教総連合会事態の顛末
「崔三更牧師の家までのライン繋がり、韓基総が廃墟になり」

▲ホン・ジェチョル牧師が、韓基総事態の顛末を説明している。 

韓国基督教総連合会ホン・ジェチョル代表会長が11日、ニュージャージー州トランストン長老教会で行われた米州韓人基督教総連合会(米基総)の総会に出席し、これまで行われた韓基総事態の顛末を伝えて関心を集めている。ホン・ジェチョル牧師はこの日、50分米基総会員に韓基総事態の核心だった韓国教会連合の誕生背景を説明し、また、韓国基督教総連合会の異端是非と関連して、この論争の発端となった原因と背景について詳細に説明した。次はホン・ジェチョル牧師のこの日の主な発言。

ここに韓基総の主要な役員が、すべて来ておられます。今日の私の声はすなわち韓基総全体の声です。7月19日に役員会と、全体の実行委員会がったので、ここであった話をそこで再び発表する上でとても重要であることを説明して申し上げたい。

崔三更牧師について

まず、崔三更牧師の件について説明を差し上げよう。韓基総、異端対策委員会を崔三更が15年したが、パイプラインを家まで接続させて、韓基総がひどい廃墟になった。だから、崔三更牧師に関連する韓基総職員を完全に追放して辞任させた。崔三更牧師に対する韓基総の立場を申し上げたい。この文書は、5大日刊紙でも発表された公式文書である。

[韓国基督教総連合会の秩序確立対策委員会の立場表明]

韓国基督教総連合会(韓基総)は、去る12月15日(木)役員会を持って、いわゆる「崔三更神学」という「三神論」と「マリア月経胎孕論」について、「深刻な異端であり、神への冒涜」という本秩序確立対策委員会(秩序委)の調査結果に出席した役員(名誉会長、共同会長、副会長)が満場一致で受けることを決意して確定した。

そこで、本秩序委では韓国教会の1200万人の聖徒と5万人の牧師の前に三神論と月経胎孕論異端思想の害悪を警戒して、いまだにそのような異端思想を悔い改めるどころか、韓基総の指導者を誹謗している崔三更牧師と彼を擁護する一部の非常識な宗教界人士に厳重に警告するため次の声明を発表する。

1.「崔三更神学」は、極めて深刻な異端であり、神への冒涜

聖書とキリスト教の正統教義は三位一体の神と聖霊によって宿ったイエス・キリストを明確に証ししている。しかし、いわゆる「崔三更神学」という三神論とマリア月経胎孕論では、三位一体の神を、それぞれの本質を持った「三つの霊の神」すなわち三人の神だと主張しており、イエスの誕生についても、「月経なく生まれてきた言葉中にはイエスの人性が否定されてしまう」と主張している。

特に月経胎孕論の主な骨子は、「イエス・キリストがマリアの月経(血)を通って生まれた」、「イエスがマリアの月経なしに生まれたという話はマリアの肉体を借りずに生まれたという話だ」、「処女降誕はマリアがヨセフの精液によって妊娠していなかったという意味」などで、これは2千年のキリスト教の歴史上類を見ない神への冒涜とされる。「崔三更神学」は、禁断の扉を越えて、イエス・キリストの神聖性と正統キリスト教教理を毀損した。

したがって、韓国のすべての正統教会信徒はこのような「崔三更神学」に惑わされてはならず、このような主張をする者を擁護したり、交流することは、絶対にしてはならない。

2.崔三更牧師の詭弁は、一考の価値もない

崔三更牧師は、詳細な検証と議論の手続きもなく、自分を異端と規定したと主張するが、本秩序委の役員会の委任を受けた後、彼の文章の講演など三神論・月経胎孕論のすべてのデータを調査した結果、これはとても黙過できない深刻な異端との結論が出た。

崔三更牧師はこれまで自分が異端を定罪するときにどのような方法を使用しているのかを自ら良く知っている。彼は自分が直接書いた文で「事前に当事者に会うことになればむしろ研究の純粋性が疑われる危険がある。何よりも本やテープくらい客観的な資料がどこにあるのか?問題にするなら、具体的な内容を聞いて、問題にするのが正しい。」と釈明の機会を与える必要もないとこじつけた。

しかし、本秩序委は崔三更牧師本人に弁明の機会を与えることが調査の公正性を期すものと判断し、非公開で釈明の機会を与えた。それにもかかわらず、崔牧師は、最初は自分に釈明の機会をくれと懇願したのに、後で急に態度を変えて回答を拒否し、今日まで、韓基総と、この秩序委を誹謗している。さらには、韓基総キル・チャヨン代表会長に人身攻撃をし、内容証明を送り、これをマスコミに公開した。

また、統合側は、過去韓国教会を代表する牧会者である汝矣島純福音教会のチョー・ヨンギ牧師を疑似であると規定し、 解止するという非常に怪奇な事件を起こした。ところで、今度は崔三更牧師は、自分が委員長にある大韓イエス教長老会統合の異端対策委員会を利用して韓国教会の指導者であり、韓基総代表会長キル・チャヨン牧師とWCC対策委員長であり、保守系の指導者であるホン・ジェチョル牧師、さらに、同じ統合側の政治部長を務めたイ・ジョンファン牧師まで秩序委の専門委員を引き受けたという理由のために報復性異端の支持者とし規定するという笑えない寸劇を繰り広げている。崔牧師はいつまでこのように韓国の教会を混乱させるのか?今、彼は一日も早く三神論・月経胎孕論のような詐欺異端の仮面を脱いで、これ以上韓国教会の聖徒らを愚弄せぬよう強く要求する。

3.チョ・ソンギ牧師と彼に追従する一部の教団総務は三神論と月経胎孕論のための独自の神学的見解をすぐに明らかにせよ

統合の事務総長チョ・ソンギ牧師は、いくつかの教団を先導して崔三更牧師の異端解除を試みているという。チョ・ソンギ牧師は12月9日午後、韓国教会百周年記念館である人々との集まりを持った後の記者会見で、13日午前、所属教団の同意もなしに、一部総務と異端対策委員長と集まった席で崔三更牧師を庇護する発言をしたことが分かった。そのような異端の擁護行為と、それに同意した者は、今後の確認を経て、異端ないし異端の支持者として規定することを警告する。

もうチョ・ソンギ牧師と彼に追従する勢力は、これ以上後ろに隠れて、韓基総を誹謗、陰湿に攻撃するのではなく、上記の崔三更牧師の三神論と月経胎孕論の主張に同意するか速やかに公開的に立場を表明せよ。チョ・ソンギ牧師とイェ・ソンチュク総務、チェ・グィス牧師、大韓イエス教長老会合神パク・ヒョンテク牧師など、韓基総を転覆させるための会合を秘密裏に数回持っているというのに、このような行為が度を越えるなら、この際に本委員会での秩序を正すために定款にによって処理することを通知する。

また、このような状況を政治的に打開しようと考えてしまい、もう何度も指摘したよう統合自体でも前職の政治部長と異端対策委員長と異端相談所長は、公式問題提起している崔三更牧師を解職して異端を厳しく処断しなければならない。そうすることで異端が異端であると区別し、宗教界の混乱と紛争を招くという不幸な汚名を脱ぎ、韓国の教会が調和と一致のために手を握って本来の使命に全力を尽くすことを要求する。

2011年12月19日
韓国キリスト教総連合会の秩序確立対策委員会
委員長キム・ヨンド牧師、書記キム・キョンハク牧師、委員イ・スンリョル牧師、キム・ジンチョル牧師、ハ・テチョ長老、オム・ジョンムク牧師、カン・テグ牧師、キム・ウォンナム牧師、カン・ギウォン牧師、専門委員イ・ジョンファン牧師ほか4人

異端是非の開始について

韓教連が出てきて、韓基総の異端是非をしている、なぜこんなことが発生したのか。代表会長選挙を控えて金権選挙の謀陷があった。しかし、これは裁判の過程で、相手陣営から出てきた嘘だったことが明らかになった。キル・チャヨン代表会長は、復権したし、その後に開かれた代表会長選挙で、私は255人の代議員のうち251人賛成、4人棄権で代表会長に当選した。

ところで、この前にキル・チャヨン牧師を謀陷した人々を中心に出て、非常対策委が構成された。韓国教会は腐った。お金を払って選挙すると言ってキル・チャヨン牧師退陣運動を繰り広げた。ここに組織的に加担した人の中に崔三更牧師が含まれている。このときは、金権選挙無罪判決が出る前だった。そして、このときは、異端の話は出てなかった。

それなら異端の話はいつ出たのか。 2014年WEA総会を韓国に誘致することにしたのがイ・ヨンギュ代表会長のときの事だ。ところがWEA七大大陸の代表が集まり、韓国での争いがあって韓国に誘致してはいけないという話が出た。もともとアフリカ大陸で、 それぞれなったものだが韓国で開催することになったのだった。私が急いで収拾した。 WEA側から「韓国の教会が和解できるか」と問われ私が「できる」と言い、キル・チャヨン牧師とイ・グァンソン牧師を和解させたのだ。そして昨年9月11日10周年の時に一緒に来た。そして韓国で発足式を11月中にすることにした。

その日程を受け入れて行ってみると、その日はウォーカーヒルホテル、シェラトン、ヒルトン、ロッテなどのホテルごとに場所がなかった。期限が近づいてきたが、朝にマリオットホテルでイ・グァンソン牧師とキル・チャヨン牧師と一緒にご飯を食べているとイ・グァンソン牧師が急に提案した。キム・サムファン牧師がマリオットホテルでアガペーのイベントをたくさんするから、ここのホールは大きくはないが可能だと言った。だから、急いで場所を決めるようになったのだ。

礼拝をささげた後でCBSとNews N Joyが攻撃し始めた。そして崔三更牧師も攻撃し始めた。韓基総がいよいよ異端と手を結んだという主張だ。韓基総がWEAのジェフ議長に会うのに、統一協会の資金を引いて使って統一協会の建物で行事をするという主張だ。このような内容を新聞広告にまで出した。一方的にされたのだ。

だから、調査を行った、たまたま高速バスターミナルに社長をしている2年後輩がいて尋ねた。「マリオットホテルは、統一協会のか」と尋ねたところ「合っている」と言った。愕然とた。しかし、その後輩が話すには「いいえ、先輩それではこれからクリスチャンたちは、高速バスターミナルから乗ってはいけないことになります。高速バスターミナルも、文鮮明のものです。そういうことです。気が狂いそうなことです。」

ところで分かってみれば、その建物の株式の40%を統一協会が持っているということだった。元々は、その前にあった社長が株式をモルモン教に売った。マリオットという世界的なホテルチェーンに来て経営しているのだ。統一協会とは関係はなく、その高速バスターミナルの建物の40%の株式からの収益金を持って行くのだ。

だから、私たちの広告を出した。統一協会の資金が流入したという証拠を示せ。そしてあまりにも侘しすぎてWEAを誘ったときに入った1億ウォンの出所も明らかにした。キル・チャヨン牧師の教会で1550万ウォン、イ・グァンソン牧師が1550万ウォン、私1550万ウォン、オム・シンヒョン牧師が1000万ウォン、イ・ヨンフン牧師が2000万ウォンと、私たちの共同会長が500万ウォン、200万ウォン急にお金を集めて1億ウォンを用意した。だから、ジェフ議長をはじめ、WEA関係者の板門店訪問にも一緒に歩き回って、そのままアメリカにお送りした。このような状況のとき、その時から異端という言葉がずっと出て来たということだ。

張在亨牧師について

張在亨牧師の教団は、韓基総が最初に作成されたときの創設メンバーに入っている教団である。張在亨牧師はそこの元総会長だった。これがどのような私的な感情によるのかは分からないが、崔三更牧師と張在亨牧師の戦いが始まった。だから、崔三更牧師は張在亨牧師の統一協会に加入していた人士だと追求し、異端是非をした。ここで張在亨牧師の異端問題が出てくるが私とは関係ないことだ。

ところが、これを7年間調査した。パク・ジョンスン牧師、イ・ヨンギュ牧師、チェ・ソンギュ牧師、キル・チャヨン牧師、オム・シンヒョン牧師、イ・グァンソン牧師このように代表会長を6代を経て、なんと7年間の戦いである。アメリカにも連絡して張在亨牧師を異端に作ろうと総力を傾けた。ところで印刷物の内容を見ると、崔三更牧師が直接異端相談所長を務めながら、5時間の間対面したりした。米国の張在亨牧師を呼んで直接尋問をした。

だからパク・ジョンスン牧師も嫌疑なし、イ・ヨンギュ牧師も嫌疑なし、チェ・ソンギュ牧師も嫌疑なし、キル・チャヨン牧師も嫌疑なし、イ・グァンソン牧師も嫌疑なし、オム・シンヒョン牧師も嫌疑なし。6代に渡って嫌疑なしということが延々と出たということだ。その当時の調査を誰がしたのか。崔三更牧師が直接した。そして崔三更牧師に味方する合神のパク・ヒョンテク牧師と異端で出てきた人々が異端対策委員会メンバーになって張在亨牧師を計画的に殺そうと6年の間意図した。それにもかかわらず、日が変わって、新しい代表会長になるたびに嫌疑なしと出てくる。そして、その調査をしたのは誰だ、まさに崔三更牧師だ。キリスト教バプテストのハン・ミョングク牧師、大神のにゴ・チャンゴン牧師などすべてが有能な人なのに、この人たちがこのまま委員長をしながら、すべて異端性がないと自ら述べた。だから、終わった。

だから、張在亨牧師が「異端対策委員会委員のこれまで陥れた人々すべてを告発して、当時の代表会長ら全部を告発する」と言うからイ・グァンソン牧師が「そのようにはしないで」と言いながら、我々がすべて終わったから和解しようとして「公証をしてあげよう」と言った。だから、当時の代表会長イ・グァンソン牧師、総務キム・ウンテ牧師の名前で、異端の嫌疑がないと公証をしている。終わった。

張在亨牧師は今WEA北米理事だ。全世界の7人の理事の一人である。韓基総、国際委員長にも立てられている。そのような人を崔三更牧師が一人で騒ぎながら、米国だかオーストラリアだかどこだ回ってイダン(異端、二流)であるだのサンダン(三流)だの言う。その人はイダン(異端、二流)ではない。すでに終わった。私で終わったのではなく私の先代時に代表会長6代に渡って7年の是非の最後に異端ではないと判明し、これが出たわけだ。だから私たちは一人の魂をも殺してはならない。終わったのだ。

▲この日配布された張在亨牧師の韓基総、調査の過程が記録された印刷物 

ビョン・スンオ牧師について

ビョン・スンオ牧師は異端だと決定した。今韓基総で除名をした。ところで一昨年のビョン・スンオ牧師が異端ではないという書類を持って来た。だからキル・チャヨン牧師が全体の役員会で制動をかけて、私も制動をかけた。だから、全体の22対19で否決された。ところで、このあいだに緊急理事会が招集され、また22対19で、今回は問題ないと通過になった。この会期が終わったが、今回私が代表会長になったからだめだ。また倒さなければならない。どうして韓基総が異端と連携したか。もういちど取って持って行き、彼の教団である白石に差し戻した。そしてこれは、異端とした。

ユ・ガンスのタラッパンについて

合同が元の教会数は7000であり統合が4800、二番目に大きい教団が改革側6500であった。ところが、この改革の教会の4500が合同に来てしまったのだ。すると、光州を中心とした湖南出身の改革の牧師らが教勢が減って大きくかかわっていた。そこの首長がジョ・キョンデ牧師であった。合同には一日の朝に1万2000の教会ができ、そこは2000教会小さくなった。そんなに小さく見えるからまた1000教会が抜けて、群小教団になった。ところがちょうどユ・ガンスが入ったからといってジョ・キョンデ牧師が受け入れようとした。ところが役員会で歯止めがかかった。だめだということだ。だから、ジョ・キョンデ牧師が提案した。伝道総会を解体させろということだ。個人的に来たら受け入れてあげようということだ。その人たちはもともと統合、高神、合同の大きな神学校を出た人々である。ずいぶん長い間、70年、80年に教会が復興に苦闘する時ユ・ガンスが伝道の秘訣を教えてくれたといえどもそこに付いて行った人々である。そうしてみるとユ・ガンスに従っていた人々が個人的に改革教団に入ってきて、韓基総に陳情書が寄せられた。韓基総が整理をした。ジョ・キョンデ牧師に指示をした。ユ・ガンスを受け入れれば、あなたも異端であるとした。秩序対策委員会がこの仕事をしておりここ役員団に来た証人もいる。最初は改革側が韓基総創立教団なのにこんなことがあるのか​​と言ったが、私は非常に強力に出た。公文書を送った。そして韓基総に再回答が来た。韓国教会の意見を取りまとめることであるからユ・ガンスの決定を下す9月の総会まで待ってくれというのだ。結局これもすべてハプニングである。終わった問題だ。しかし、変な話をするのだが誰が変な雰囲気を作っているのかがわからない。

よく分からなければならないことはタラッパンというものを改革側が受け入れたことがないということだ。もしタラッパンという教団を受け入れた場合は、韓基総で相当な問題を改革側に提起することだ。ところがタラッパンというところを受け入れたことがなく、その教団の議事録を見れば、その問題に甲論乙駁してからタラッパンを受け入れることはできないと判断し、ちょうどそこにある牧師たちが正統教義を持って勉強したので個人的には受け入れることがあっても、改新大学で1年間の再教育を受ける条件で受け入れたということだ。だから、その人が1年間の再教育をも受けた。私はユ・ガンスについては、今日のこの時間も話をする。しかし、そこに所属する多くの牧師たちが改革側の教団の神学校で再調査をして終わった。合同教団の中にも異端の核心メンバーが、我々の教団に来て教育を受けて、私たちの教団の異端対策委員会員として活動している。

そして最近行われた市庁前の国民大会で伝道総会が動員されたという人がいてユ・ガンスが視務する教会からは一人も来なかった。改革側の総会は、4000人が自分の教団から来たという。私たちが見るには2000人ほど来た。ところでユ・ガンスが視務する教会は来なかった。そして5万人が集まった所で調査をして君はどこ来たのかと、いちいち調査することは非常識なことだ。そしてそれは国民大会であった。国を守る国民大会なので、カトリックの神父も人々を送って曹渓宗(仏教)からも人を送った。そこはすべての国を守る国民大会だ。そこには、枯葉剤被害者連盟、在郷軍人会、多くの愛国団体が来るのだから、その人々の宗教はキリスト教ではない。ごまんとある宗教がすべているとういことだ。それは、全体が集まる国民大会なのに、その問題を提起すること自体が韓国教会を陰湿に攻撃することだ。その話をいったい誰が送ったかというのだ。その問題を送信した主体が誰なのか。絶対に篭絡されてはならない。そんな話を聞いてアメリカ総会のあちこちに言っているから、アメリカの総会の人々がこんがらがった。

今後の異端対策について

今回我々は、高神、合同、統合、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド、白石など、正式な神学大学がある教団の神学者で神学委員会を構成した。これまでの異端対策委員会だった人はすべて省いた。申し訳ないが、今まで韓国の教会の異端対策委員会だという人自体が問題が多かった。自身に問題が多く、風土がそうなった。私はというと、皆さん、私心はない。誰側につくでもなく、聖霊様の側だ。そして崔三更牧師とも全く関係がない。崔三更牧師を政治的に殺さなければならない理由が毛頭ない。ただ、今まで韓国の教会を乱して複雑にしたこの事件を代表会長として、どのように解決するか心配だ。どんなに間違った人でも大統領になれば愛国者になるという話があるが私が代表会長となったのだからどうすれば韓国の教会の地位を高めようか悩んで、これまでの異端対策委員をすべて外した。韓国教会に神学者たちがいないのか。異端対策委員会委員の人々がいつまでも異端鑑別の役割をするべきなのか。全部辞めさせよう。それが71の教団の総会長たちが異口同音にする話だ。今回は本当に神学者たち35人を構成したが一人として私の知っている人がいない。すべて総長を通じて推薦を受けた神学者である。その35人にここに来る直前に任命状を送った。その人たちがこれから異端の問題を研究することで、そして私が代表会長に申し上げたが、アメリカの総会でも神学者たちを選抜してください、異端対策委員会委員たちはだめだ、と。申し訳ないが、アメリカの異端対策委員会委員たちが韓国の異端対策委員会隊員たちと行ったり来たりしている。これは主の国、神の国のためのもので、我々は韓国の異端対策委員の手先ではない。本当に神の国のために神学校教授のすばらしい方々を推薦して韓国の神学者たち、アメリカの神学者たちの交流をして、何か一つの合意点が出なければならない。

2012年5月30日水曜日

大韓イエス教長老会海外合同総会が崔三更牧師を異端と規定


2012年5月30日付け韓国の一般紙、国民日報のの記事を紹介します。原文は”예장 해외합동 새 총회장에 이응주 목사”です。
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=kmi&arcid=0006113946&cp=nv


大韓イエス教長老会海外共同の新しい総会長にイ・ウンジュ牧師



大韓イエス教長老会海外合同総会が去る22〜25日、タイ・バンコク恵みキリスト教会(ジョン・ソクチョン牧師)で17個老代議員など171人が参加した中、第34回総会を開き、新総会長としてのイ・ウンジュ(日本中会)牧師を選出した(写真)。

「いつもあなたがたと共にいる」というテーマで開催された今回の総会では13個の議案のうち「崔三更牧師を異端と規定したグローバル宣教神学校総会の批准」を再確認した。

また、米州地域の神学信仰の源泉が同じ教団との統合を推進し、統合全権委員長にキム・スウォン牧師、委員にパク・ソンマン、キム・ スハク、キム・ドンウク、パク・ヨハン、キム・ヨンラク牧師を選んだ。

海外合同総会(AUKPOC)は大韓イエス教長老会合同の傘下の海外大会で1978年に出発し、米国で大会を開催してきて、1996年の海外合同総会で設立された。

現在北東アジア大会とアメリカ大会、アジア太平洋大会、韓米大会など4つの大会と30個の中会で構成されている。

◇委員会の役員△総会長イ・ウンジュ牧師(日本中会)△副総会長ジョ・ドシク牧師(フィラデルフィア中会)イ・ミョンシク長老(ニューヨーク中会)△書記キム・ヨンラク牧師(アメリカ西部中会)△副書記キム・ジンチョル牧師(海外中会)△議事録書記キム・ヨンテク牧師(米中会)△部会議録書記オム・ギホ牧師(北京中会)△会計キム・ヨングァン牧師(東北中会)△副会計オ・ジェイル長老(インドネシア中会)△常任総務カン・ヨセフ牧師(中国中会)△総務ソン・ジンス牧師(ロシア中会)△協同総務チェ・ハンオ牧師(フィラデルフィア中会)ホン・ウンソ牧師(カリフォルニア州中会)